2019/05/23 - 日経平均株価 (100000018) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。日経平均株価のみんかぶ目標株価は「17,450」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 17,450)と判断されています。

株価(05/22)

指数銘柄  
年高値
年安値
STOP高
STOP安
21,283.37
+10.91(+0.05%)
売り

目標株価

17,450

株価診断

対象外

個人予想

売り

アナリスト

対象外
株価速報
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

日経平均株価のTOP

日経平均の参考指標

始値21,373.52
高値21,404.54
安値21,266.98
配当利回り---
単元株数---
PER(調整後)---
PSR---
PBR---
出来高---
時価総額---
発行済株数---
株主優待 ---
購入金額 ---

目標株価

目標株価

売り
17,450 
現在株価との差

-3,833.37 

株価診断がありません

株価診断

理論株価

---

--- 
対象外

この株価診断に賛成?反対?

賛成

(買い予想)

反対

(売り予想)

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    明日の株式相場見通し=株価指数先物主導の売買優勢、日経平均は方向感欠く推移

     あす(23日)の東京株式市場は、米中貿易摩擦を巡る警戒感が根強いなか、米中双方の小競り合い的な主張の応酬を手掛かり材料に、株価指数先物主導の目先的な売買が優勢となりそうだ。日経平均は方向感に欠ける推移が予想される。  市場関係者からは「米政府が現地21日、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に対する輸出禁止措置の一部に猶予期間を設けると発表したのを好感して、同日の米ハイテク関連株が買わ ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(大引け)=10円高、米株高と円安を支援材料に反発も上値重い

     22日の東京株式市場は日経平均が反発に転じたものの上げ幅は小さかった。米政府が中国ファーウェイに対する輸出規制を一部緩めたことを好感する形で米国株が上昇、それに日本株も追随したが買いは限定的だった。  大引けの日経平均株価は前営業日比10円92銭高の2万1283円37銭と小幅反発。東証1部の売買高概算は12億334万株、売買代金概算は2兆930億9000万円。値上がり銘柄数は945、対して値下 ...続きを読む
  • ブログ

    ロングシグナル点灯

    [ANS]現局面の最善手を選択するシステム。[大局観]長期トレンド、モメンタムシステム。[TCα]TOPIX CORE30の個別株システム[為替]為替の相対評価システム。 <a href="https://speakout-market.blogspot.jp" style>ANS Angel Number System|非対称の世界線</a>トレード戦術、データ分析、相対評価ほか。 <a hre...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅縮小

     後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価は前営業日比40円高前後と前場終値と比較して上げ幅を縮小している。外国為替市場では、1ドル=110円50銭台の推移。アジアの主要株式市場は高安まちまち。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    東京株式(前引け)=反発、米株高で投資家心理改善

     22日前引けの日経平均株価は前営業日比71円60銭高の2万1344円05銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は6億336万株、売買代金概算は1兆408億円。値上がり銘柄数は1239、対して値下がり銘柄数は817、変わらずは84銘柄だった。  きょう前場の東京市場は日経平均が反発に転じた。前日の米国株市場で中国ファーウェイへの輸出規制緩和の動きを好感して、ハイテク株が買い戻されており、東京市場も ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(寄り付き)=反発、米半導体株上昇などを受けセンチメント改善

     22日の東京株式市場は買い優勢で始まり、寄り付きの日経平均株価は前営業日比101円高の2万1373円と反発。  前日の米国株市場では米政府が中国通信機器大手ファーウェイへの一部輸出規制緩和の動きを背景にNYダウ、ナスダック総合指数ともに反発、外国為替市場はリスクオンでドル高・円安に振れており、東京市場でも足もと買い戻しの動きが顕在化している。米国ではインテル、ザイリンクス、マイクロンテクノロジ ...続きを読む
  • ニュース

    22日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万1380円(+140円)

     22日のシンガポール・日経平均先物6月物は前営業日清算値比140円高の2万1380円で寄り付いた。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    22日の株式相場見通し=反発、米株高と円安受けハイテク株中心に買い戻し

     22日の東京株式市場は、前日に値を下げた半導体関連などハイテクセクターが買い戻され、日経平均株価は反発に転じそうだ。前日の米国株市場では米中摩擦に対する行き過ぎた懸念が後退するなか、NYダウなど主要指数が切り返しに転じた。足もと外国為替市場で1ドル=110円台半ばまで円安方向に振れており、これが東京市場に追い風材料となる。ただ、国内景気の先行き不透明感が意識されるなか、ここ水準を切り上げていた内 ...続きを読む
  • ニュース

    明日の株式相場見通し=全般は買い意欲盛り上がらず、一部内需株に物色の矛先

     あす(22日)の東京株式市場は、米中貿易摩擦の先行き懸念が持続するなかで、株価指数先物に左右されやすい全体相場は、買い意欲の盛り上がりを欠く状態となりそうだ。ただ、米中貿易問題と比較的関わりの薄いとされる内需系の一部の銘柄に物色の矛先を向ける動きは活発化しそうだ。  市場関係者からは「インテルやクアルコムなど米半導体関連企業が中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)への新規の部品供給を停止 ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(大引け)=29円安、ファーウェイ懸念で反落も後場下げ渋る

     21日の東京株式市場は売り優勢の地合いだった。日経平均は安く始まった後に下げ渋り、後場寄りにはプラス転換する場面もあったが後半買いが続かなかった。  大引けの日経平均株価は前営業日比29円28銭安の2万1272円45銭と小幅反落。東証1部の売買高概算は12億5455万株、売買代金概算は2兆3313億1000万円。値上がり銘柄数は743、対して値下がり銘柄数は1320、変わらずは78銘柄だった。 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ