2019/07/17 - 日経平均株価 (100000018) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。日経平均株価のみんかぶ目標株価は「18,418」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 18,418)と判断されています。

株価(13:17)

指数銘柄  
年高値
年安値
STOP高
STOP安
21,452.14
-83.11(-0.39%)
売り

目標株価

18,418

株価診断

対象外

個人予想

売り

アナリスト

対象外
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年

日経平均株価のTOP

日経平均の参考指標

始値21,474.63
高値21,482.67
安値21,380.55
配当利回り---
単元株数---
PER(調整後)---
PSR---
PBR---
出来高---
時価総額---
発行済株数---
株主優待 ---
購入金額 ---

目標株価

目標株価

売り
18,418 
現在株価との差

-3,034.14 

株価診断がありません

株価診断

理論株価

---

--- 
対象外

この株価診断に賛成?反対?

賛成

(買い予想)

反対

(売り予想)

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比でやや下げ渋る

     後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価は前営業日比70円安前後と前場終値と比較してやや下げ渋っている。外国為替市場では、1ドル=108円10銭台の推移。アジアの主要株式市場は総じて軟調。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    東京株式(前引け)=続落、米株上昇一服受け薄商いのなか下値模索

     17日前引けの日経平均株価は前営業日比87円07銭安の2万1448円18銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は4億9725万株、売買代金概算は8835億7000万円。値上がり銘柄数は911、対して値下がり銘柄数は1095、変わらずは144銘柄だった。  きょう前場の東京市場は、前日の米国株市場が上昇一服となったことを受け、リスクを回避する動きが継続、下値模索の展開が続いた。外国為替市場では1ド ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(寄り付き)=売り先行、米株の上昇一服と円安で強弱感対立か

     17日の東京株式市場は売り先行で始まり、寄り付きの日経平均株価は前営業日比60円安の2万1474円と続落。  前日の米国株市場ではNYダウが5日ぶりに反落、ナスダック総合指数も反落しており、最高値更新基調が小休止となった。トランプ米大統領が中国との交渉で合意までには時間を要するとコメントし、これを受け米中貿易摩擦に対する楽観的な見方が後退した。これを受けて東京市場でも薄商いのなか、上値を追いに ...続きを読む
  • ニュース

    17日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万1455円(-65円)

     17日のシンガポール・日経平均先物9月物は前営業日清算値比65円安の2万1455円で寄り付いた。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    17日の株式相場見通し=売り買い交錯、薄商いのなか不安定な値動き

     17日の東京株式市場は、前日終値を挟み方向感の定まらない展開となりそうだ。前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック総合指数ともに反落しており、リスクを積極的に取る動きが一服している。ただ、外国為替市場では好調な米小売売上高の発表を受けドルが買われる流れとなり、1ドル=108円台前半の推移と円安方向に振れていることで、これは主力株中心にポジティブ材料となる。ただし上値は重く、前日まで10営業日連続 ...続きを読む
  • ニュース

    明日の株式相場戦略=米国株にも為替にも反応薄、ヒット&アウェイで

     米国株市場はパウエル・マジックとでもいうべきかゴルディロックス相場(適温相場)の再来に酔っている。7月末のFOMCでの利下げはほぼ確実視され、「ひょっとすると50ベーシスもあり得る」というムードが漂う。仮に予想通りの25ベーシスでも、年内打ち止めとは誰も思っていない。年後半もFRBによる利下げへの期待が米株高を支える構図が見える。  四半期ベースの企業業績は減速しているとはいっても、米経済の強 ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(大引け)=150円安、米株高も買い気盛り上がらず反落

     16日の東京株式市場は売り優勢でスタートし、日経平均は寄り後も漸次下値を切り下げる展開。後場は下げ渋ったものの、売り物をこなし戻り足に転じる力強さはなかった。  大引けの日経平均株価は前営業日比150円65銭安の2万1535円25銭と3日ぶり反落。東証1部の売買高概算は10億4065万株、売買代金概算は1兆7423億4000万円。値上がり銘柄数は752、値下がり銘柄数は1302、変わらずは96 ...続きを読む
  • ブログ

    DSIは過剰な強気に位置

    [大局観]取引戦略。トレンド分析。[ANS]取引戦術。サイクル分析。 トレンドフォローの真実初動は仮説。仮説が真なら利益は増加し偽なら最低限の損失で終える。現局面の最善手を選択するプロセス。<a href="https://speakout-market.blogspot.jp" style>ANS Angel Number System|非対称の世界線</a> <a href="https://...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で横ばい

     後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価は前営業日比150円安前後と前場終値と比較して横ばい。外国為替市場では、1ドル=107円90銭台の推移。アジアの主要株式市場は高安まちまち。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    東京株式(前引け)=反落、米株高続くも円高など受け買い入らず

     16日前引けの日経平均株価は前営業日比159円69銭安の2万1526円21銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億5079万株、売買代金概算は8732億2000万円。値上がり銘柄数は623、対して値下がり銘柄数は1427、変わらずは96銘柄だった。  きょう前場の東京市場は、朝方軟調なスタートとなり、その後も一貫して水準を切り下げる展開となった。前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数と ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ