2019/10/17 - NTTデータ (9613) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。NTTデータのみんかぶ目標株価は「1,484円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】(理論株価 1,432円)、証券アナリストによる予想では【買い】(予想株価 1,606円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 1,256円)と判断されています。NTTデータは、【IT関連、金融向けシステム、情報システム】などのテーマ銘柄です。

株価(15:00)

9613  東証1部
年高値
年安値
STOP高
STOP安
1,429.0
-3.0(-0.21%)
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

NTTデータのTOP

NTTデータの参考指標

※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
1,484 円
現在株価との差

+55.0 

理論株価

(10/17)

1,432 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
6 2 5 0 0
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅に3日続伸、ファーストリテとソフトバンクGの2銘柄で約72円分押し上げ

    15日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり213銘柄、値下がり12銘柄、変わらず0銘柄となった。日経平均は大幅に3日続伸。375.58円高の22174.45円(出来高概算6億5000万株)で前場の取引を終えている。米中が11日まで行った貿易協議で部分的な合意に達したと伝わり、日本の3連休中に海外株は大きく上昇。円相場もリスク回避ムードの後退で1ドル=108円台前半に下落しており、連休明 ...続きを読む
  • ニュース

    IT・ソフト関連株に一段高期待、国内大手証券は「強気」に引き上げ◇

     IT関連株の一段高を予想する見方が出ている。大和証券は10日、IT・ソフトセクターの投資判断を「中立」から「強気」に引き上げた。10月の日銀短観で強いIT投資意欲を確認したうえで、年度末に向けて5Gやクラウド基盤、顔認証などの新技術需要が関連企業業績を一層加速させる可能性が出てきたことを評価している。個別では割安な大型優良銘柄としてNTTデータやNEC、富士通、盤石な成長基盤を持ち成長加速が見込 ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ファーストリテと信越化の2銘柄で約35円分押し上げ

    10日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり141銘柄、値下がり80銘柄、変わらず4銘柄となった。本日の日経平均は反発となった。前日の米国株式市場では、米中閣僚級協議への期待から主要3指数が揃って反発したものの、米中貿易問題を巡る次官級協議に関して、「2日間の議論では主要な問題点について進展がなかった」と日本時間朝方に伝わると、本日の日経平均は売り先行でのスタートになった。その後、中国の ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、ファーストリテ1銘柄で約22円分押し上げ

    10日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり129銘柄、値下がり90銘柄、変わらず6銘柄となった。日経平均は反発。99.29円高の21555.67円(出来高概算5億5927万株)で前場の取引を終えた。前日の米国株式市場では、中国が米農産物の購入拡大を提案する一方、制裁関税の一部撤回を米国に求めていることが報じられ、10日から始まる米中閣僚級協議への期待から主要3指数は揃って大幅に反発。し ...続きを読む
  • ニュース

    前場に注目すべき3つのポイント~決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる

    10日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる■前場の注目材料:ローソン、2Q営業利益6.6%増の367億円、直近上方修正で織り込み済み■三井物、UNIDOと覚書、アフリカで環境配慮包装材を普及■決算控えた安川電機や旭化成などノーベル賞関連に関心集まる10日の日本株市場は、米中の閣僚級協議への期待を背景とした米株高の流れ ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ファナックが1銘柄で約12円分押し下げ

    9日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり53銘柄、値下がり168銘柄、変わらず4銘柄となった。日経平均は反落。8日の米国市場でNYダウは続落し、313ドル安となった。中国がウイグル族を弾圧しているとして、トランプ政権が中国の政府機関や監視カメラ企業を禁輸措置の対象に加えたと発表し、米中摩擦への懸念が強まった。本日の日経平均もこれを嫌気して227円安からスタートしたが、10日から開かれる ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ソフトバンクGとアドバンテの2銘柄で指数を約24円分押し下げ

    9日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり42銘柄、値下がり180銘柄、変わらず3銘柄となった。日経平均は反落。144.80円安の21442.98円(出来高概算4億9000万株)で前場の取引を終えている。8日の米株式市場でNYダウは続落し、313ドル安となった。中国がウイグル族を弾圧しているとして、トランプ政権が政府機関や監視カメラ企業など28の機関・企業を禁輸措置の対象に加えたと発表。 ...続きを読む
  • ニュース

    個別銘柄戦略:伊藤忠やNTTデータに注目

    8日の米国市場はNYダウが313.98ドル安の26164.04、ナスダック総合指数が132.52pt安の7823.78、シカゴ日経225先物が大阪日中比285円安の21335円と、いずれも大幅安。9日早朝の為替は1ドル=107円00-10銭と、昨日大引け時点に比べ30銭余りの円高。本日の東京市場は昨日の値上がり分を吐き出す展開が予想され、任天堂、トヨタ、村田製、キーエンス、SUMCOといった昨日に ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は大幅反発、ファーストリテが1銘柄で約26円分押し上げ

    8日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり183銘柄、値下がり35銘柄、変わらず7銘柄となった。日経平均は大幅反発。7日の米国市場でNYダウは反落し、95ドル安となった。中国の劉鶴副首相が米中協議で産業政策や補助金改革に関する議論は行わないとし、協議難航への懸念から売りが先行した。一方で米中が部分的あるいは暫定的に合意する可能性があるとの見方から、米長期金利が上昇するとともに円相場は1ド ...続きを読む
  • ニュース

    日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ファーストリテと東エレクの2銘柄で約23円押し下げ

    7日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり91銘柄、値下がり119銘柄、変わらず15銘柄となった。日経平均は反落。4日の米国市場でNYダウは続伸し、372ドル高となった。9月雇用統計を受けて景気減速懸念が和らぎ、引き続き利下げ期待も相場を押し上げた。ただ、「中国が米国の求める幅広い通商協定で合意することに消極的」などと報じられて協議の行方に対する警戒感が広がり、週明けの日経平均は35円高 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

関連テーマ

Society5.0

IT関連

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ