2019/09/21 - 日経平均株価 (100000018) の株価予想・売買予想。みんかぶ予想株価は「18,878円で【売り】と評価されています。みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です

目標株価

売り
18,878 
現在株価との差

-3,201.09 

株価診断がありません

株価診断

理論株価

---

---
対象外
この銘柄には株価診断がありません。株価診断が存在する場合は、銘柄に対するみんかぶリサーチの株価診断の診断結果がこちらに表示されます。

直近1カ月の売買予想比率

買い  63%
売り  37%
63 37
アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

---
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    来週の株式相場戦略=年初来高値意識の展開も、配当権利取りが活発化

     来週の東京株式市場は、足もとの強調相場が続くかどうかがポイントとなる。今週17日まで日経平均株価は10連騰を記録し、高値警戒感も指摘されているものの、市場関係者からは「株式市場の需給は良好」との声が出ている。秋の株高に向けて底堅い相場が期待され、4月24日につけた年初来高値2万2362円の更新が視野に入っている。日経平均の予想レンジは2万1700~2万2500円。  日米欧の中央銀行による金融 ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(大引け)=34円高と小幅続伸、3連休控え後場に上昇幅縮小

     20日の東京株式市場で日経平均株価は小幅続伸。3連休を控え、利益確定売りが膨らみ引けにかけ上昇幅は縮小した。  大引けの日経平均株価は前日比34円64銭高の2万2079円09銭。東証1部の売買高概算は14億5859万株。売買代金概算は2兆7700億6200万円。値上がり銘柄数は1157と全体の54%、値下がり銘柄数は886、変わらずは108銘柄だった。  前日のNYダウは、米中貿易協議への警 ...続きを読む
  • ブログ

    静かな値動き

    [大局観]取引戦略。トレンド分析。[ANS]取引戦術。サイクル分析。 トレンドフォローの真実初動は仮説。仮説が真なら利益は増加し偽なら最低限の損失で終える。現局面の最善手を選択するプロセス。<a href="https://speakout-market.blogspot.jp" style>ANS Angel Number System|非対称の世界線</a> 9<a href="https:/...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で小幅高

     後場寄り付きの東京株式市場では、日経平均株価は前営業日比100円高前後と前場終値と比較して小幅高となっている。外国為替市場では、1ドル=107円90銭近辺と前日夕方に比べ小幅な円高で推移している。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    東京株式(前引け)=前日比97円の上昇、下値に買い入り底堅く推移

     20日前引けの日経平均株価は前日比97円97銭高の2万2142円42銭。前場の東証1部の売買高概算は5億1266万株、売買代金概算は9366億6500万円。値上がり銘柄数は1180、値下がり銘柄数は850、変わらずは115銘柄だった。  日経平均株価は上昇。前日の米株式市場でNYダウは反落したものの、東京市場は下値に買いが入り底堅く推移している。依然、売り方の買い戻しが流入している様子だ。業種 ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(寄り付き)=続伸、買い戻し続き上昇スタート

     20日の東京株式市場は続伸。寄り付きの日経平均株価は前日比86円高の2万2130円と上昇して始まった。  前日の米国株市場はNYダウが反落したものの、ナスダックは上昇とまちまち状態。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合というビッグイベントを通過したが、依然として方向感はつかみにくい状態。米中貿易協議に対する不透明感も出ている。ただ、日本株には買い戻しの流入が続いており、日経平 ...続きを読む
  • ニュース

    20日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万1955円(+70円)

     20日のシンガポール・日経平均先物12月物は前営業日清算値比70円高の2万1955円で寄り付いた。 出所:minkabuPRESS
  • ニュース

    20日の株式相場見通し=方向感に欠ける展開も、米中協議に警戒感

    20日の東京株式市場は、一進一退で方向感に欠ける展開か。前日の米国市場はNYダウが反落したものの、ナスダックは上昇とまちまち状態。為替相場も1ドル=108円00銭前後で推移しており横ばい圏となっている。米連邦公開市場委員会(FOMC)と日銀金融政策決定会合というビッグイベントを通過したものの、今後に関しては依然として様子見姿勢が強い。特に、米中協議が難航しているとの報道も出るなか、上値では利益 ...続きを読む
  • ニュース

    明日の株式相場戦略=下値の底堅さは確認、「5G」関連株などに注目

     明日の株式市場は、日米欧中央銀行の金融政策決定会合が一巡した後の新たな相場環境を確かめる展開となりそうだ。日経平均株価の予想レンジは2万1850~2万2150円。  なかでも、高い関心を集めた米連邦公開市場委員会(FOMC)では、予想通り0.25%の利下げが発表されたが、年末に向けての追加利下げ観測は後退した。また、日銀の金融政策は現状維持となったが、発表文には次回の会合で「経済・物価動向を改 ...続きを読む
  • ニュース

    東京株式(大引け)=83円高と反発、日銀会合後に上昇幅は縮小

     19日の東京株式市場で日経平均株価は反発。円高が警戒され後場に入り上昇幅は縮小したが、売り方の買い戻し姿勢は強く下値には買いが流入した。  大引けの日経平均株価は前日比83円74銭高の2万2044円45銭。東証1部の売買高概算は13億3314万株。売買代金概算は2兆3637億4600万円と7日連続で2兆円を上回った。値上がり銘柄数は1752と全体の81%、値下がり銘柄数は337、変わらずは61 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ