2019/10/19 - そーせいグループ (4565) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。そーせいグループのみんかぶ目標株価は「2,642円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断は分析中となっており、証券アナリストによる予想では【買い】(予想株価 3,033円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 1,663円)と判断されています。そーせいグループは、【創薬、認知症薬、がん最先端治療】などのテーマ銘柄です。

株価(10/18)

4565  東証マザーズ
年高値
年安値
STOP高
STOP安
2,307.0
+72.0(+3.22%)
買い

目標株価

2,642
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

そーせいグループのTOP

そーせいの参考指標

業種 医薬品
創薬ベンチャー。がん治療薬など研究開発。M&Aで技術力強化。英国に展開。
始値2,245.0円
高値2,322.0円
安値2,245.0円
配当利回り---
単元株数100株
PER(調整後)-22.26倍
PSR46.38倍
PBR4.27倍
出来高1,301,700株
時価総額177,610百万円
発行済株数76,987千株
株主優待 ---
購入金額 最安---
※配当利回りは2018年12月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
2,642 円
現在株価との差

+335.0 

株価診断がありません

株価診断

理論株価

---

--- 円
対象外

この株価診断に賛成?反対?

賛成

(買い予想)

反対

(売り予想)

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
3 0 3 0 0
  • ニュース

    マザーズ先物概況:反落、上昇スタートも利益確定売りに押される

    18日のマザーズ先物は前日比6.0pt安の825.0ptと反落した。なお、高値は838.0pt、安値は825.0pt、取引高は1357枚。本日のマザーズ先物は、外部環境の好転を受けて上昇スタートを切ったが、その後は利益確定売りに押され、結局、前日日中取引の終値比でマイナスとなった。前日の米国市場は英国と欧州連合(EU)がEU離脱の修正案で合意したことや主要企業の業績改善などを好感して主要3指数は反 ...続きを読む
  • ニュース

    株価急伸のトリケミカル研究所に順張りのコール買い目立つ(18日10:00時点のeワラント取引動向)

    新規買いは原資産の株価上昇が目立つトリケミカル研究所コール30回 2月 8,500円を順張り、ブイ・テクノロジーコール58回 1月 7,000円を順張り、SUMCOコール176回 2月 1,800円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つワークマンコール13回 2月 9,000円を逆張り、ワークマンコール12回 2月 8,500円を逆張り、オリエンタルランドコール98回 12月 14,000 ...続きを読む
  • ニュース

    <10月17日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)>

    <10月17日の陽線包み足達成銘柄(買いシグナル)> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (1801) 大成建設     東証1部       [ 4,300.0 | +1.65% | 割安 ] (1887) 日本国土開発   東証1部       [ 592.0 | +2.60% | 分析中 ] (2293) 滝沢ハム     東証JASDAQ(スタ ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物概況:反発、大型株が軟調のなか久々に物色向かう

    17日のマザーズ先物は前日比4.0pt高の831.0ptと反発した。なお、高値は832.0pt、安値は823.0pt、取引高は891枚。本日のマザーズ先物は、昨日まで4日続伸で1000円超と急ピッチで上昇していた日経平均が小幅レンジでの動きとなるなか、中小型株が集まる新興市場に物色の目が向けられるかたちで反発となった。前日の米国市場は、引き続き一部企業の好決算が材料視されて底堅さが意識されるものの ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物概況:4日ぶりに小反発、円安基調から市場の関心は東証1部市場に

    15日のマザーズ先物は先週末比2.0pt高の836.0ptと4日ぶりに小反発となった。なお、高値は839.0pt、安値は831.0pt、取引高は1239枚。本日のマザーズ先物は、1ドル=108円30銭台の円安基調を背景に、先週末に引き続き値がさハイテク株等を中心とした東証1部市場に投資家の関心が向いていたこともあって、決算など個別に材料のあった銘柄以外については、積極的な買いの動きは見られなかった ...続きを読む
  • ニュース

    新興市場見通し:マザーズ戻りに期待も需給面で選別か、IPOは2社

    先週の新興市場では、日経平均が週末にかけてリバウンドする一方、マザーズ指数は逆行安となった。マザーズ時価総額上位のメルカリやバイオ関連株が値を崩し、指数を下押しした。物色は決算等を手掛かりとして東証1部銘柄に向かったとみられ、3連休を控え値下がりしたマザーズ銘柄の押し目買いの動きも乏しかった。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1.8%であったのに対して、マザーズ指数は-3.5%、日経ジャスダック平 ...続きを読む
  • ニュース

    週間ランキング【値下がり率】 (10月11日)

     ●今週の株価下落率ランキング【ベスト50】   ※10月11日終値の10月4日終値に対する下落率    (株式分割などを考慮した修正株価で算出)     ―― 対象銘柄数:4,039銘柄 ――    (今週の新規上場銘柄、地方銘柄、外国銘柄は除く)       銘柄名    市場  下落率(%) 株価  個別ニュース/決算速報/テーマ 1. フィンテック 東証M  -28.6   70  ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ指数は大幅に3日続落、三連休を控えた持ち高調整、MSOLが急落

     本日のマザーズ指数は大幅に3日続落となった。10日の米国市場では、米中通商協議進展への期待が高まるなか、主要3指数は上昇。本日のマザーズ市場は寄り付きこそ前日終値水準でのスタートとなったが、その後は引けにかけて下げ幅を拡大する展開となった。米中閣僚級による貿易交渉の結果を見極めたいとのムードのなか、三連休を控えた持ち高調整の売りが優勢となり、直近IPO銘柄や時価総額上位銘柄に対して総じて売りが広 ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物概況:3日続落、市場の関心は東証1部市場に

    11日のマザーズ先物は前日比8.0pt安の834.0ptと3日続落した。なお、高値は847.0pt、安値は828.0pt、取引高は1604枚。本日のマザーズ先物は、個人投資家を含め市場の関心が東証1部市場に向かうなか3日続落となった。前日の米国市場では、トランプ米大統領が同日開いた米中の閣僚級協議について「非常にうまくいった」と語ったことや、トランプ米大統領と中国副首相が11日に会談するなどと伝わ ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ指数は大幅続落、引けにかけ一段安、ギフティが急落

     本日のマザーズ指数は大幅続落となった。前日の米国株式市場で主要3指数は揃って大幅に反発したが、朝方に米中貿易問題を巡る次官級協議に関して、「2日間の議論では主要な問題点について進展がなかった」と伝わると、個人投資家のセンチメントにも影響を与え、マザーズ市場には朝方から売りが先行した。今晩から始まる米中閣僚級協議を前に、関連ニュースフローに東京市場が一喜一憂するなか、マザーズ銘柄に対する押し目買い ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

そーせいグループ あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ