株で失敗してしまう3つの法則【西村剛】

最新投稿日時:2021/11/25 18:19 - 「株で失敗してしまう3つの法則【西村剛】」(西村剛)

株で失敗してしまう3つの法則【西村剛】

著者:西村剛
投稿:2021/11/25 18:19

気をつけておきたいポイントとは・・・

『株で安定的に利益をあげるためにやってはならないことが3つあります』
株で安定的に利益をあげるためには、うまくいく投資法をマスターするということも大切ですが、それ以上に
●失敗してしまうことを行なわない
ことがもっと大切です。
特にここ1年以内に株を始められた方は、コロナショック後の上げ相場しか経験がないため、失敗した経験が少ないかもしれませんので要注意です。
私が長年個人投資家と接してきて、株で大損してしまう投資家には3つの法則があることを見つけました。
今日はその、
『株で失敗してしまう3つの法則』をご紹介します。
1.株価が気になって仕方がない
毎日の株価の値動きを見続けると・・・
「うぁー、株価が上がってる買わなきゃ!」
「株価が下がってきた!すぐ売らなきゃ」
など目先の値動きに翻弄され、ついトレードを繰り返してしまう・・・
デイトレ専門の専業トレーダーじゃない限り、これは絶対に避けたほうが良いでしょう。
目先の株価の動きに合わせて感情でトレードしてしまうと、どんな上昇相場でも損をしてしまいます。
さらに株価が気になって他のことが手につかない状態になってしまうと本末転倒です。
株価が気になって仕方がない状態というのは、過度に大きなリスクを取っている証拠です。
株価が気になって仕方がないひとは、まず投資金額を抑えるなど、適切な資金量でトレードしましょう。
2.ポジポジ病
ポジポジ病とは、とにかく株を買っていないとつまらなくなってしまうトレーダー特有の病気です。
この病は・・・
とにかく株で刺激がほしい
ひとがかかりやすいです。
値動きの荒い銘柄を好む傾向があり、確かに刺激は得られますが、損失も大きくなります。
ポジポジ病にはぜひ注意しましょう。
3.自分で判断できない
投資に限らず何事も自分で判断することが大切です。
●証券会社に薦められたから
●雑誌のおすすめに載っていたから
●ネットに書いてあったから
他人任せにしてしまうと、たまたま運がよくてうまくいくことはあっても最終的には失敗してしまいます。
どんな情報を利用しても最後は自分で判断することが大切です。
このように株で失敗してしまう、
●株価が気になって仕方がない
●ポジポジ病
●自分で判断できない
この3つの状況に陥らないようにすることが、株でうまくいく第一関門です。
この機会にぜひ自分が当てはまっていないか確認しておきましょう。

西村剛
フェアトレード株式会社 代表取締役
配信元: 達人の予想
検索
みんかぶ
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ