2019/06/18 - ODKソリューションズ (3839) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。ODKソリューションズのみんかぶ目標株価は「431円」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】(理論株価 460円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 388円)と判断されています。ODKソリューションズは、【教育ICT、アウトソーシング、携帯電話向けソフト】などのテーマ銘柄です。

株価(06/17)

3839  東証JASDAQ(スタンダード)
年高値
年安値
STOP高
STOP安
474.0
-6.0(-1.25%)
売り

目標株価

431
株価速報
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

ODKソリューションズのTOP

ODKの参考指標

始値483.0円
高値483.0円
安値474.0円
配当利回り2.10%
単元株数100株
PER(調整後)12.60倍
PSR0.72倍
PBR0.76倍
出来高4,600株
時価総額3,886百万円
発行済株数8,200千株
株主優待 ---
購入金額 最安---
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
431 円
現在株価との差

-43.0 

理論株価

(06/17)

460 円
割高

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    ODK Research Memo(8):年10円の安定配当を堅持

    ■株主還元策ODKソリューションズは、株主還元策として配当を実施しており、中期経営計画の具体的数値目標の1つに「年10円の安定配当を堅持する」としている。直近の5年間の配当推移を見ても、業績の好不調を問わず一貫して年10円の配当を継続していることがわかる。同社が推進する事業と同様に、投資家に対しても信頼性を持って、長期的・安定的な関係を構築しようとする姿勢が表れているものと考える。■情報セキュリテ ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(7):主力業務の拡大と新規事業進出で業績は本格的な拡大トレンドへ

    ■今後の見通し3. 2020年3月期連結業績予想の概要ODKソリューションズの2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高で前期比3.0%増の5,500百万円、営業利益は同24.7%減の430百万円、経常利益は同26.6%減の450百万円、親会社株主に帰属する当期純利益は同0.8%増の310百万円となっている。引続き、主力である学校法人向け及び金融機関向けサービスの拡大に注力するほか、一般 ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(6):新中期経営計画は「ODKを次のステージへ」

    ■今後の見通し1. 中期経営計画ODKソリューションズは、2019年3月期実績の状況を踏まえて経営環境変化に対応し、前年の中期経営計画を見直し、ロールオーバーした新中期経営計画(2020年3月期−2022年3月期)を公表した。それによると、最終年度である2022年3月期の経営目標値(単体)は、売上高7,000百万円、経常利益700百万円とともに過去最高、配当は年10円の安定配当を堅持、としている。 ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(5):収益計上が期末偏重も、良好な財務状況、高い自己資本比率

    ■ODKソリューションズの業績動向2. 財務状況と経営指標2019年3月期末の総資産は前期末比26百万円減の7,158百万円となった。内訳を見ると、売掛金(前期末比329百万円増)やソフトウェア仮勘定(同63百万円増)の増加があった一方、投資有価証券(同110百万円減)やソフトウェア(同209百万円減)、仕掛品(同59百万円減)の減少があったことによるものである。負債は2,106百万円となり前期末 ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(4):2019年3月期は5期連続増収・3期連続増益。今後は成長フェーズへ

    ■業績動向1. 2019年3月期決算の業績概要ODKソリューションズは4月26日付で2019年3月期連結決算の発表を行った。それによると、売上高は5,337百万円で前期比9.0%増、営業利益は571百万円で同56.1%増、経常利益は613百万円で同58.4%増、親会社株主に帰属する当期純利益は307百万円で同18.9%増であった。前期比9.0%増の売上高を計上した要因は、金融業務の終了等があった一 ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(3):教育業務と証券・ほふり業務の主力業務が全体の約85%を占める

    ■ODKソリューションズの事業概要1. 直近では医療やAI、カスタマーサクセスの分野へ進出手掛ける事業は、学校法人、証券会社をはじめとした金融機関、一般事業会社等に対するシステム運用、システム開発及び保守と機械販売の3つ。なお、子会社エフプラスはスマートフォン・タブレット端末向けアプリケーション開発や金融関連システムソリューションを手掛ける。2019年3月期の事業別売上高構成比(単体)は、システム ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(2):機密性の高い大量データ処理に強みを持つITサービス企業

    ■会社概要1. 会社概要ODKソリューションズは情報システム運用を主力事業として、システムの開発及び保守等を行うITサービス企業。「情報サービス事業を通じて、顧客の繁栄・社会の発展に貢献する。」を経営理念として、学校法人の入学試験業務や模擬試験をはじめ、証券会社等のバックオフィス業務の受託といった独自のビジネス領域に特化した情報処理アウトソーシングサービスを提供する。機密性の高い大量データ処理に強 ...続きを読む
  • ニュース

    ODK Research Memo(1):2019年3月期は5期連続増収・3期連続増益で事業拡大傾向が鮮明に

    ■要約1. 事業領域ODKソリューションズは、機密性の高いデータの大量処理に強みを持つ独立系ITサービス会社。大学入試業務をはじめとする教育関連サービスと、証券会社等のバックオフィス業務をサポートする金融関連サービスを提供する。直近では強みを生かして医療やAI、カスタマーサクセスといった新たな領域にも進出し始めている。2019年の入試では、約123万人の志願者データを処理、12期連続して大学入試セ ...続きを読む
  • 適時開示

    2019年定時株主総会招集通知

    2019年定時株主総会招集通知
  • 適時開示

    監査等委員会設置会社移行後の役員の異動に関するお知らせ

    監査等委員会設置会社移行後の役員の異動に関するお知らせ

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

ODKソリューションズ あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ