毎月更新!株主優待おすすめ銘柄5選

著者:minkabuPRESS
8月

みんかぶが厳選したおすすめの株主優待をご紹介します!今月もお得にもらえる優待を5銘柄ピックアップしました。
株主優待を狙う上で注意したいのが“使い勝手”。使い切れずに使用期限が切れてしまったりするのはもったいないですね。
使用できるシーンや上限もチェックするのが優待を選ぶポイントの一つです。一方、ご自身の好みにマッチした商品やサービスならば“お得感”もひとしお。大好きなブランドや店舗の優待を探してみるのも一案です。
今月は“使い勝手”“お得感”に注目して、東証1部の銘柄を5つチョイスしました。こちらのページが株主優待探しのヒントとなれば幸いです。

権利付き最終日:8/28(水)
権利落ち日:8/29(木)
※月末が権利確定日となる銘柄を対象
ディップの株主優待
優待内容

オリジナル・クオカード

優待利回り

0.42%

配当利回り

2.14%

※配当利回りは実績値
※長期保有者向け優待は金額換算対象外

人気のクオカードが年2回

 「バイトル」「はたらこねっと」など、求人情報サイト・アプリを運営するディップ(2379)
求職者が検索する“職種”“待遇”“勤務地”などのデータから、マッチングしやすい相手に自動でスカウトメールを送る「iスカウト」や、サイト上で職場の動画が見られるなど、ネット時代の利点を最大限に活かしたサービスが強みです。
 また、バイトルでは実際の職場を体験できる「しごと体験」への応募機能を搭載。就労前の不安を取り除き、ミスマッチを無くすことができます。人手不足が叫ばれるなか、同社の役割は大きなものとなっています。

 株主優待は年2回、8月末と2月末時点の株主に対しオリジナル・クオカードが贈られます。100株以上保有で500円相当(年間1000円相当)、500株以上保有で1000円相当(年間2000円相当)です。
 クオカードは有効期限が無く、使用できる場所も極めて多いため、特に人気の株主優待です。

最低投資金額

読み込み中...

ビックカメラの株主優待
優待内容

買物優待券

優待利回り

2.80%

配当利回り

1.90%

※配当利回りは実績値
※長期保有者向け優待は金額換算対象外

ネット通販にも使える買物優待券

 洗濯機、冷蔵庫などの大型家電からパソコンやスマートフォン、電球・電池などの小物まで電気製品なら何でも揃う家電量販店大手のビックカメラ(3048)
家電以外にもお酒、寝具、薬など、多種多様な商品の取り扱いが魅力です。

 そんな同社の株主優待は、使い勝手の良いお買い物優待券。8月末と2月末の年2回、保有株数と期間に応じて贈呈されます。
 8月末は100株以上の保有で1000円相当、500株以上で2000円相当、1000株以上で5000円相当、1万株以上で2万5000円相当。更に保有期間に応じ、1年以上の継続保有で1000円、2年以上の保有で2000円が追加されます。2月末は保有期間を問わず、100株以上保有で2000円相当、500株以上で3000円相当、1000株以上で5000円相当、1万株以上で2万5000円相当となります。

 優待券は同社グループのコジマ、ソフマップ各店、インターネット通販サイトの「ビックカメラ.com」でも利用することができます。高額商品を購入する足しにもできますし、ちょっとした日用品を補充するのに使っても良いですね。

最低投資金額

読み込み中...

クリエイト・レストランツ・ホールディングスの株主優待
優待内容

優待食事券

優待利回り

3.65%

配当利回り

0.74%

※配当利回りは実績値
※長期保有者向け優待は金額換算対象外

使い勝手抜群の食事優待券

 せっかくもらった株主優待券も、使う機会が無ければ意味がありませんよね。その点、クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)の食事優待券はその心配がまずありません。
同社はしゃぶしゃぶ、居酒屋、ステーキハウス、お寿司、ラーメン、デザートに至るまで多種多様な業態の飲食店を全国展開し、店舗数はグループ全体で900以上にのぼるため、使う場所に困ることはないでしょう。
また、額面は500円刻みとなっており、細かく使えて無駄が出にくいのもポイントです。

 株主優待は年2回。8月末と2月末時点で、100株以上の保有で食事券3,000円相当(年間6000円相当)、500株以上で6000円相当(年間1万2000円相当)、1500株以上で1万5000円相当(年間3万円相当)、4500株以上で3万円相当(年間6万円相当)が贈呈されます。
 また、200株以上を1年以上継続保有している株主には1500円相当(年間3000円相当)が追加で贈呈されます。優待利回りの高さも魅力ですね。

最低投資金額

読み込み中...

パルコの株主優待
優待内容

株主優待カード、株主優待券

優待利回り

---

配当利回り

2.02%

※配当利回りは実績値
※長期保有者向け優待は金額換算対象外

PARCOファンなら必携の優待カード

 若者を中心に高い人気を誇るファッションビル「PARCO」を運営するパルコ(8251)。その強みは、何といっても同社のトータルプロデュース力です。
テナントと一体となった売り場演出や、前衛的なポスターやコマーシャル、劇場やギャラリーの運営などを通じて、ファッションだけでなくアートやポップカルチャーの発信拠点としても存在感を放っています。

 そんなPARCOの独自性に魅了された方は、通えば通うほどお得な同社の株主優待を狙ってはいかがでしょうか。8月末と2月末の年2回、100株以上を保有の株主に株主優待カードを贈呈。通年5%の割引となるほか、毎月第3・第4土曜日は10%OFFとなります。また、「大丸」「松坂屋」で使用できる割引券と、指定のギャラリーに無料で入場できる「ギャラリー株主パス券」も贈られます。
更に、保有株数に応じてPARCOで1000円分の買い物・飲食などに使用できる株主優待券も。100株以上保有で1枚(年間2枚)、500株以上で2枚(年間4枚)、1000株以上で4枚(年間8枚)、5000株以上で8枚(年間16枚)、1万株以上で12枚(年間24枚)となります。

最低投資金額

読み込み中...

吉野家ホールディングスの株主優待
優待内容

買物優待券

優待利回り

2.64%

配当利回り

0.87%

※配当利回りは実績値
※長期保有者向け優待は金額換算対象外

株主優待で味わう“元祖”吉野家の牛丼

 1899年の東京・日本橋で、丼に盛ったご飯の上に牛鍋をかけた「牛めし」の提供を始めたのが吉野家ホールディングス(9861)の始まり。
その後、具材やたれを工夫して現在の形を完成させ、“牛丼”という名前を付けたのが同社です。吉野家の創業から120年経った現在、牛丼は手軽でおいしいファストフードとして愛され続けています。

 株主優待は8月末と2月末の年2回。同社グループで300円券として使える株主優待券が、100株以上保有で10枚(年間20枚)、1000株以上で20枚(年間40枚)、2000株以上で40枚(年間80枚)と、保有株数に応じ贈呈されます。
 同社は「吉野家」だけでなく、讃岐うどんの「はなまるうどん」やお寿司の「京樽」「海鮮三崎港」など、複数業態を展開しています。優待券を使って色々な味をお楽しみください。

最低投資金額

読み込み中...

【2019年9月版】株主優待おすすめ銘柄

9月のおすすめ株主優待をご紹介します!
2019年9月は三越伊勢丹ホールディングス、ワコールホールディングス、東京急行電鉄、ベネッセホールディングス、日本KFCホールディングスの5銘柄をピックアップしました。 権利確定月は株価が上がる傾向にありますので、今のうちにチェックしておきましょう!

※優待利回り算出に使用する優待内容金額換算額は、年間で1単元持っていた場合の優待内容をみんなの株式独自に換算し下記のように計算しております。【計算式】優待利回り=年間優待内容金額換算額÷優待獲得に必要な最低金額×100(%)
※予告なく選出銘柄を変更する場合があります。※配当利回りは実績値です。

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ