2020/01/23 - 泉州電業 (9824) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。泉州電業のみんかぶ目標株価は「3,282円」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】(理論株価 3,910円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 2,342円)と判断されています。泉州電業は、【電線地中化、専門商社、電線】などのテーマ銘柄です。

株価(15:00)

9824  東証1部
年高値
年安値
STOP高
STOP安
3,295.0
-25.0(-0.75%)
売り

目標株価

3,282
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

泉州電業の株価情報TOP

泉州電の株価参考指標

業種 卸売業
電線専門商社。機器・通信や電力用電線・ケーブルなど。即納制に強み。
  • 始値
    3,320.0円
  • 高値
    3,320.0円
  • 安値
    3,265.0円
  • 配当利回り
    2.12%
  • 単元株数
    100株
  • PER(調整後)
    11.89倍
  • PSR
    0.43倍
  • PBR
    0.80倍
  • 出来高
    6,000株
  • 時価総額
    35,586百万円
  • 発行済株数
    10,800千株
  • 株主優待
    オリジナル・クオカード
  • 購入金額
    最安---
※配当利回りは2019年10月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
3,282 円
現在株価との差

-13.0 

理論株価

(01/23)

3,910 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • シグナル

    目標株価が「買い」から「売り」に変わりました。

    「買い」から「売り」に変わりました。 目標株価は3,282円です。
  • シグナル

    目標株価が「売り」から「買い」に変わりました。

    目標株価が3,283円から3,282円へ下がり、「売り」から「買い」に変わりました。
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(7):2020年10月期は年間配当70円の予定

    ■株主還元策泉州電業は株主還元策として配当金及び株主優待制度、自社株買いなどで対応していく方針である。配当金に関しては「安定的な配当を維持することを基本方針として、当期の業績、内部留保の水準等を考慮し、総合的に判断する」としている。2010年10月期以降の配当性向は25%前後の水準となっているが、「今後は30%も意識」と述べており、増配にも前向きである。実際の配当については、年間配当を2016年1 ...続きを読む
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(6):売上高1,000億円、経常利益50億円、ROE6.0%以上が目標

    ■中長期の成長戦略1. 中期経営計画(最終年度2021年10月期)の数値目標泉州電業は2019年11月に設立70周年を迎えたが、ここを1つの通過点として、2021年10月期を最終年度とする中期経営計画(5ヶ年)を発表している。この中期経営計画の数値目標として、売上高で1,000億円、経常利益で50億円、ROEで6.0%以上を掲げている。ROEについては、2019年10月期はROE7.0%となってお ...続きを読む
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(5):2020年10月期は上期が減益予想ながら下期に回復を期待

    ■泉州電業の今後の見通し1. 2020年10月期の業績見通し進行中の2020年10月期の通期の連結業績は、売上高で前期比6.1%増の88,800百万円、営業利益で同5.8%増の4,210百万円、経常利益で同5.1%増の4,420百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同7.6%増の2,920百万円と予想されている。期中の平均銅価格は700千円/トン(前期比0.8%減)を予想している。引き続き電力用 ...続きを読む
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(4):2019年10月期は前期比2.9%の営業増益。手元現預金は159億円と潤沢

    ■業績動向1. 2019年10月期の連結業績(1) 損益状況泉州電業の2019年10月期の連結業績は、売上高83,676百万円(前期比2.0%増)、営業利益3,979百万円(同2.9%増)、経常利益4,206百万円(同2.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,714百万円(同14.5%増)となった。平均の銅価格は前期比で9.1%下落し売上高を押し下げる要因となったが、電力用ケーブル、非電線な ...続きを読む
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(3):独立系では最大手の総合電線商社。オリジナル商品で差別化を図る(2)

    ■会社概要3. 事業内容(1) 仕入先と販売体制泉州電業は電線の総合専門商社で、独立系では最大手である。仕入先は約250社となっており、国内の電線メーカーが中小企業を含めて約400社ある中で、同社は半分以上のメーカーから仕入れていることになる。在庫商品アイテム数で約5万点と、国内における商品の調達力は抜きん出ている。主な仕入先は昭和電線ホールディングス、住電日立ケーブル(株)となっている。販売体制 ...続きを読む
  • 適時開示

    自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ

    自己株式の取得状況及び取得終了に関するお知らせ
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(2):独立系では最大手の総合電線商社。オリジナル商品で差別化を図る(1)

    ■会社概要1. 会社概要泉州電業は電線の総合専門商社で、独立系では最大手である。その歴史は古く、設立は1947年に遡る。仕入先は約250社となっており、大手は言うに及ばず、国内の電線メーカーの半分以上と取引がある。在庫商品アイテム数は約5万点と、国内における商品の調達力は抜きん出ている。2. 沿革同社の歴史は古く、1947年に西村電気商会として設立された後、全国及びアジア諸国へと、業容を拡大してき ...続きを読む
  • ニュース

    泉州電業 Research Memo(1):独立系電線商社の大手。堅実経営で着実な成長続く

    ■要約泉州電業は、独立系では国内トップの電線の総合専門商社である。仕入先は約250社、在庫商品アイテム数は約5万点に上り、「必要な商品を、必要な分だけ、必要なときに届ける」というデリバリー体制が強みである。自社開発のオリジナル商品で差別化を図っている。1. 2019年10月期の連結業績(実績)2019年10月期の連結業績は、売上高83,676百万円(前期比2.0%増)、営業利益3,979百万円(同 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ