2019/07/22 - 日本コンピュータ・ダイナミクス (4783) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。日本コンピュータ・ダイナミクスのみんかぶ目標株価は「1,257円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】(理論株価 1,111円)、個人投資家による株価予想では【買い】(予想株価 1,476円)と判断されています。日本コンピュータ・ダイナミクスは、【駐輪場、ERP、ソフト・システム開発】などのテーマ銘柄です。

株価(07/19)

4783  東証JASDAQ(スタンダード)
年高値
年安値
STOP高
STOP安
840.0
+11.0(+1.33%)
買い

目標株価

1,257
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

日本コンピュータ・ダイナミクスのTOP

日ダイナミクの参考指標

始値831.0円
高値848.0円
安値831.0円
配当利回り1.66%
単元株数100株
PER(調整後)10.84倍
PSR0.43倍
PBR1.93倍
出来高25,200株
時価総額7,392百万円
発行済株数8,800千株
株主優待 クオカード、寄付
購入金額 最安---
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

買い
1,257 円
現在株価との差

+417.0 

理論株価

(07/19)

1,111 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    <07月03日の5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄>

    <07月03日の5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (1688) ETFS穀物   東証ETF      [ 329.0 | -1.79% | 分析中 ] (1696) ETFSコン   東証ETF      [ 92.0 | +1.10% | 分析中 ] (1981) 協和日成     東証JASDAQ(スタ ...続きを読む
  • 適時開示

    コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/06/24

    コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/06/24
  • ニュース

    <06月18日の5日・25日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>

    <06月18日の5日・25日移動平均線ゴールデンクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (1419) タマホーム    東証1部       [ 1,072.0 | -1.11% | 割高 ] (1597) MXJリート   東証ETF      [ 1,970.0 | +0.15% | 分析中 ] (1782) 常磐開発     東証JAS ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(10):安定的配当を基本に適切な利益還元を実施

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの株主還元策1. 安定的配当を基本に適切な利益還元を実施利益配分については、企業体質の強化と積極的な事業展開に備えて内部留保に努めるとともに、配当性向や配当利回りなどを総合的に判断し、安定的な配当を維持することを基本方針としている。配当性向の目標は設定せず、今後も経営基盤の一層の強化と積極的な事業展開を継続しつつ、適切な利益還元を実施する方針としている。この基本方針 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(9):将来に向けた新サービス・新規事業を創出

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの中長期成長戦略4. 新サービス・新規事業の創出将来に向けた新サービス・新規事業創出への取り組みも強化している。自転車関連では2018年3月、自転車を中心とした新しいライフスタイル提案型サイクルショップ「STYLE-B(スタイルビー)」を、東京急行電鉄(東急)が開業した池上線五反田駅~大崎広小路駅間の高架下(東京都品川区西五反田)にオープンしている。BtoC事業の拡 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(8):業務プロセス改善などで収益性・企業競争力向上目指す

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの中長期成長戦略1. 基本コンセプト2017年5月に策定した中期経営計画「Vision2020」(2018年3月期−2020年3月期)では、基本コンセプトを「お客さまの『ありがとう』のために、価値あるサービスを」としている。また基本方針を「(1)収益性の高い企業になる、(2)NCDブランドを高めて世の中に認知される企業になる、(3)社員が仕事に誇りとやりがいを持った ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(7):2020年3月期営業微減益予想だが保守的で上振れ余地

    ■今後の見通し1. 2020年3月期連結業績は営業微減益予想だが保守的で上振れ余地日本コンピュータ・ダイナミクスの2020年3月期の連結業績予想は、売上高が2019年3月期比5.8%増の18,000百万円、営業利益が4.3%減の1,000百万円、経常利益が8.2%減の1,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が10.5%増の680百万円としている。システム開発事業、サポート&サービス ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(6):自己資本比率上昇して財務改善

    ■業績動向1. 2019年3月期連結業績は計画超の大幅増益2019年5月14日に発表した日本コンピュータ・ダイナミクスの2019年3月期の連結業績は、売上高が前期比4.7%増の17,007百万円、営業利益が同33.4%増の1,045百万円、経常利益が同34.9%増の1,089百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同16.8%増の615百万円だった。売上高はおおむね計画水準で着地して8期連続増収だ ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(5):プロジェクト管理徹底やストック収益拡大で利益率向上

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの事業概要6. プロジェクト管理徹底やストック収益拡大で利益率向上2019年3月期のセグメント別売上高の構成比(連結調整前)は、システム開発事業37.2%、サポート&サービス事業27.1%、パーキングシステム事業35.4%、その他0.3%だった。過去5期(2015年3月期−2019年3月期)の推移で見ると、サポート&サービス事業とパーキングシステム事 ...続きを読む
  • ニュース

    日ダイナミク Research Memo(4):管理徹底で不採算化防止、四半期業績も平準化傾向

    ■日本コンピュータ・ダイナミクスの事業概要4. 収益特性及び収益変動リスク・季節変動要因主要な収益特性及び収益変動リスク要因として、システム開発事業は大型案件などの受注や個別案件ごとの採算性によって、売上や利益が変動する可能性がある。サポート&サービス事業は個別案件ごとの採算性、パーキングシステム事業は入札結果や大型案件などによって売上や利益が変動する可能性がある。一方で、システム開発事業 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

日本コンピュータ・ダイナミクス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ