2018/09/20 - ケネディクス (4321) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。ケネディクスのみんかぶ目標株価は「721円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】(理論株価 681円)、証券アナリストによる予想では【強気買い】(予想株価 840円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 485円)と判断されています。ケネディクスは、【資産運用、不動産関連、不動産ファンド】などのテーマ銘柄です。

株価(15:00)

4321  東証1部
年高値
年安値
STOP高
STOP安
666.0
+2.0(+0.30%)
株価速報
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
証券アプリ起動
SBI証券
楽天証券
マネックス証券

ケネディクスのTOP

ケネディクスの詳細情報

始値666.0円 単元株数100株
高値671.0円 PER(調整後)15.25倍
安値659.0円 PSR6.06倍
配当利回り0.90% PBR1.73倍
出来高1,340,300株
時価総額159,722百万円
発行済株数239,823千株
最安購入金額 ---
株主優待 ---

目標株価

目標株価

買い
721 円
現在株価との差

+55.0 

理論株価

(09/20)

681 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
3 1 0 0 0
  • ニュース

    トリドールHD(3397)「BUY」目標株価4100円 ネガティブ決算

    ・ケネディクス(4321)「BUY」目標株価950円 ・トリドールHD(3397)「BUY」目標株価4100円 ネガティブ決算 ・GMOペイメント(3769)「ニュートラル」目標株価11000円 レーティング速報メルマガ http://merutore.com/brexit-report/
  • ニュース

    リクルートHD(6098)「1」目標株価2400円

    ・大塚商会(4768)「1」目標株価5500円 ・戸田建設(1860)「2」目標株価800円 ・大気社(1979)「2」目標株価3260円 ・パーソルホールディングス(2181)「1」目標株価3400円 ・コカ・コーラ ボトラーズジャパンHD(2579)「1」目標株価5100円 ・北越コーポレーション(3865)「2」目標株価800円 ・エア・ウォーター(4088)「2」目標株価2190円 ・ケネ ...続きを読む
  • ニュース

    信用残ランキング【買い残増加】 みずほFG、TATERU、アイフル

     ●信用買い残増加ランキング【ベスト50】   ※9月7日信用買い残の8月31日信用買い残に対する増加ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2107銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   買い残 信用倍率 1. みずほFG     13,816  110,017   4.12 2. ...続きを読む
  • ニュース

    信用残ランキング【売り残減少】 三菱電、マネックスG、大同メ

     ●信用売り残減少ランキング【ベスト50】   ※9月7日信用売り残の8月31日信用売り残に対する減少ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2107銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   売り残 信用倍率 1. 三菱電       -2,045   1,426   3.95 2. マ ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(9):専門部署を立ち上げ、マテリアリティの設定やサステナビリティ方針を制定

    ■ESGへの取り組みケネディクスは、「2兆円を超えるAUMを預かる同社グループにとって、不動産ファンドの運用を通じて環境や社会への貢献を果たしていくことは大変重要である」との考え方に基づき、ESGにも積極的に取り組む方針である。中期経営計画の基本方針の中でも、「持続的成長と社会的責任の両立に向けた経営基盤の強化」を掲げており、2018年4月にはESGへの取り組みを強化・推進するため、専任部署(コー ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(8):2013年以降、受託資産残高の積み上げにより業績は順調に拡大

    ■過去の業績推移過去の業績を振り返ると、2007年12月期に業績のピークを迎えた後、2008年のリーマン・ショックに伴う不動産市況の悪化等により、ケネディクスの業績(営業収益及び営業総利益)は下降線をたどった。特に、不動産市況の影響を大きく受ける不動産投資事業の低迷が業績の足を引っ張った。一方、アセットマネジメント事業は2008年12月期にインセンティブフィーの縮小等で一度落ち込んだものの、その後 ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(7):新中期経営計画では「ケネディクスモデル」の更なる発展を目指す

    ■成長戦略ケネディクスは、2015年に定めた長期ビジョン「Kenedix Vision 2025」のもと、2018年12月期からは、新たな3ヶ年の中期経営計画「Partners in Growth, Next 2020」をスタートしている。1. 長期ビジョン同社は、2025年の長期ビジョン「Kenedix Vision 2025」として、受託資産残高4兆円、グループ時価総額2兆円(2018年6月末 ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(6):2018年12月期の通期業績予想を上方修正。増収増益を見込む

    ■業績見通し2018年12月期の業績予想についてケネディクスは、上期業績が大きく拡大したことや堅調な外部環境(不動産市場)等を踏まえ、期初予想を上方修正した。修正後の業績予想として、営業収益を前期比136.8%増の62,400百万円(修正幅+5,700百万円)、営業利益を同14.0%増の14,000百万円(修正幅+1,700百万円)、経常利益を同15.2%増の13,200百万円(修正幅+1,500 ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(5):2018年12月期上期の業績は、堅調な不動産市場を背景として拡大(2)

    ■ケネディクスの業績動向4. 2018年12月期上期における投資実績不動産投資事業における自己勘定投資については、自己資本の範囲内という方針のもと、新規投資が約145億円(前年同期は約213億円)とやや抑え気味であった。特徴的なのは、オフィスのほか、コアファンド向けのホテル(開発)や住宅(ブリッジ)の取得が多かったところである。一方、投資元本の回収については、ブリッジファンドや開発案件、海外案件等 ...続きを読む
  • ニュース

    ケネディクス Research Memo(4):2018年12月期上期の業績は、堅調な不動産市場を背景として拡大(1)

    ■ケネディクスの業績動向1. 業績を見るためのポイント一般の事業会社の売上高に当たるものが営業収益であり、保有物件を運用するREIT・ファンドなどに売却することにより得られる売却収入が大部分を占めている。ただ、売却収入は売却するタイミングにより大きく増減する上、必ずしも利益の伸びと連動するものではないため、業績を見る指標としては適切とは言えない。本業(主に手数料収入で稼ぐ不動産ファンドビジネス)に ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

ケネディクス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ