2019/10/16 - ウイルプラスホールディングス (3538) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。ウイルプラスホールディングスのみんかぶ目標株価は「706円」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】(理論株価 808円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 553円)と判断されています。ウイルプラスホールディングスは、【輸入車販売、高額消費、】などのテーマ銘柄です。

株価(10/15)

3538  東証1部
年高値
年安値
STOP高
STOP安
761.0
+14.0(+1.87%)
売り

目標株価

706
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

ウイルプラスホールディングスのTOP

ウイルプラスの参考指標

業種 小売業
フィアット・クライスラーを主力とする輸入車販売を手掛ける。傘下でBMWやボルボも。
...続き
始値758.0円
高値764.0円
安値755.0円
配当利回り1.74%
単元株数100株
PER(調整後)10.46倍
PSR0.24倍
PBR1.36倍
出来高13,500株
時価総額7,400百万円
発行済株数9,724千株
株主優待 クオカード
購入金額 最安---
※配当利回りは2019年6月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
706 円
現在株価との差

-55.0 

理論株価

(10/15)

808 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • 適時開示

    コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/09/27

    コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2019/09/27
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(9):2020年6月期は前期比0.2円増配の14.0円の配当を予想

    ■株主還元ウイルプラスホールディングスは株主還元を経営の重要課題と位置付けており、企業価値向上に向けた内部留保とのバランスを取りながら、安定的かつ継続的な配当の実施を基本方針としている。配当性向については、おおむね15%前後を目安としている。2019年6月期は期初予想どおり13.8円(中間配5.0円、期末配8.8円)の配当を実施した。2018年6月期実績の13.2円から0.6円の増配であり、配当性 ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(8):10%の経営目標を上回るROE水準を維持

    ■中長期の成長戦略と進捗状況4. ROE分析(1) 現在の状況ウイルプラスホールディングスは経営評価指標としてROEを採用し、業績面(売上高、利益)の成長と同様に、高ROE経営の実現を目指している。ROEの目標値としては10%を最低限クリアすべき数値とし、できる限り高いROEを実現することを目指している。2019年6月期実績の同社のROEは14.3%だった。2018年6月期の18.2%から低下した ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(7):自社出店のハードルが年々上昇し、店舗数拡大が課題となる

    ■中長期の成長戦略と進捗状況2. 直面する課題そうしたウイルプラスホールディングスも、足元では店舗数拡大が困難という課題に直面している。店舗拡大には同社自身による自社出店と、M&A(事業、店舗の譲受)による出店の大きく2つのパターンがある。それぞれ事情は異なるものの、2020年6月期の業績予想にはどちらによる店舗拡大も織り込まれていない。ある期(X期)に店舗数が増えないということは、当該期 ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(6): 3つの成長戦略で中長期的成長の実現を目指す

    ■中長期の成長戦略と進捗状況1. 成長戦略の概要ウイルプラスホールディングスは、持続的成長の実現に向けて、1)マルチブランド戦略、2)ドミナント戦略、3)M&A戦略の3つの成長戦略を軸に取り組んでいる。この点は従来から一貫している。その詳細内容や同社の戦略の強みについては2019年3月27日付前回レポートで詳述したので、以下には概要だけを述べる。マルチブランド戦略とは、複数のブランドを取り ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(5):2020年6月期は増収、前期比大幅増益を予想

    ■業績動向2. 2020年6月期の見通し(1) 業績予想の概要2020年6月期についてウイルプラスホールディングスは、売上高34,639百万円(前期比16.0%増)、営業利益1,393百万円(同24.6%増)、経常利益1,384百万円(同24.2%増)、親会社株主に帰属する当期純利益871百万円(同19.4%増)と、2ケタの増収増益を予想している。売上高については前期比16.0%(4,779百万円 ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(4): 2019年6月期の売上高は、新車販売の好調で過去最高を更新

    ■業績動向1. 2019年6月期決算の概要(1) 決算の概要ウイルプラスホールディングスの2019年6月期決算は、2019年6月期決算は売上高29,860百万円(前期比15.9%増)、営業利益1,118百万円(同11.4%減)、経常利益1,115百万円(同11.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益730百万円(同10.5%減)と増収・減益で着地した。期初予想との比較では、売上高は期初予想に対し ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(3):純粋持株会社の傘下に4事業会社を収め、輸入車正規ディーラー32店舗展開

    ■会社概要2. 事業の概要(1) 企業グループの状況ウイルプラスホールディングスの事業は輸入車販売関連事業だ。同社自身は純粋持株会社で、傘下に4つの事業会社(いずれも100%子会社)を抱え、それぞれの事業会社において輸入車の正規ディーラー事業を展開している。こうした構造になっているのは、インポーター(輸入総代理店。多くの場合はメーカーの日本法人)との契約で、1つの事業会社が他の自動車メーカーの正規 ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(2):現社長が家業を買収して事業を開始。強固な経営体質を生かしてM&Aで成長

    ■会社概要1. 沿革ウイルプラスホールディングスは現代表取締役社長 成瀬隆章(なるせたかあき)氏の父が1997年に福岡県北九州市に設立した株式会社さんふらわあシージェイに始まる。設立後すぐに米クライスラーのディーラーシップを得て、株式会社福岡クライスラーに商号変更して、クライスラーの正規ディーラーとして事業を開始した。成瀬氏は福岡クライスラーで新車販売や中古車販売等を経た後、2004年10月に福岡 ...続きを読む
  • ニュース

    ウイルプラスH Research Memo(1):M&A戦略など3つの成長戦略による成長ストーリーは不変

    ■要約ウイルプラスホールディングスは純粋持株会社で、グループで輸入車販売事業を営む。ジープ、フィアット、BMW/MINI、ボルボ、ポルシェなど10ブランドの正規ディーラーを営む。福岡エリアと東京・神奈川エリアでドミナント展開をするほか、ポルシェについては東北全域を商圏に収めている。またMINIについては中国地方への進出も果たしている。1. 売上高は過去最高更新ながら、減価償却費、人件費の増加等によ ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

ウイルプラスホールディングス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ