2019/08/20 - ティーケーピー (3479) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。ティーケーピーのみんかぶ目標株価は「5,278円」で【売り】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】(理論株価 5,531円)、証券アナリストによる予想では【買い】(予想株価 5,933円)、個人投資家による株価予想では【売り】(予想株価 3,260円)と判断されています。ティーケーピーは、【MICE、不動産関連、専門サイト】などのテーマ銘柄です。

株価(15:00)

3479  東証マザーズ
年高値
年安値
STOP高
STOP安
5,600.0
---(0.00%)
レポート銘柄
お気に入り
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

SBI証券

ティーケーピーのTOP

TKPの参考指標

業種 不動産業
貸会議室の大手。機材レンタル・宿泊サービスなど展開。大塚家具と提携。
始値5,560.0円
高値5,620.0円
安値5,480.0円
配当利回り---
単元株数100株
PER(調整後)98.50倍
PSR5.23倍
PBR17.11倍
出来高102,300株
時価総額185,894百万円
発行済株数33,195千株
株主優待 ---
購入金額 最安---
※配当利回りは2019年2月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
5,278 円
現在株価との差

-322.0 

理論株価

(08/20)

5,531 円
割高

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
2 0 1 0 0
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part2 LINK&M、アミューズ、インパクトなど

    銘柄名⇒19日終値⇒前日比日揮 1260 +39抗体医薬の生産設備開発ニュースが好感。LINK&M 477 +29業績下方修正発表の大幅下落後、買い戻しの流れ続く。アトラエ 2698 +96好調な決算を好感した買いが続く。レオパレス21 254 +18赤字決算発表後は悪材料出尽くしか。UMCエレ 766 +20約2週間続いた下落トレンドから押し目買いへ転換か。物語コーポレーション 9410 -65 ...続きを読む
  • ニュース

    新興市場銘柄ダイジェスト:インパクトはストップ高、GNIが急伸で高値更新

     GNI 5390 +340急伸で高値更新。9月3日を基準日に1株につき3株の割合で分割すると発表。株式に流動性を与えるとともに、少額投資家の手が届きやすいようにする。14日に公表した19年12月期第2四半期累計の営業利益が前年同期比184.5%増の6.81億円などと好調だったことも引き続き買い材料視された。また、6日に直近安値(3800円)を付けてから株価が騰勢を強めていることも投資資金の流入に ...続きを読む
  • 買い予想

    買い予想 長期

    予想株価
    7,546円
    現在株価との差 +1,946 (+34.75%) 
    登録時株価
    5,620.0円
    獲得ポイント
    -1.06pt.
    収益率
    -0.35%
  • ニュース

    注目銘柄ダイジェスト(前場):ユニファミマ、KLab、洋エンジなど

    村田製:4559円(+47円)電子部品株が堅調。米商務省が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する一部製品の輸出禁止措置の猶予期間を90日間延長する見通しだと海外メディアが報じている。猶予措置は今月19日に期限を迎える予定だったが、11月まで延長される可能性があるという。一方で、トランプ米大統領がこの報道について「少し異なっていると思う」と語ったとも伝わっており、電子部品株は朝方の買いが ...続きを読む
  • ニュース

    TKPは続伸、台湾リージャス寄与し20年2月期業績予想を上方修正

     ティーケーピーは続伸している。前週末16日の取引終了後、20年2月期の連結業績予想について、売上高を548億9700万円から562億600万円(前期比58.2%増)へ、営業利益を64億4600万円から76億700万円(同77.4%増)へ上方修正したことが好感されている。  台湾においてリージャス事業を運営する13社を子会社化したことによる影響を考慮したという。ただ、M&Aに伴う一時費用などを踏 ...続きを読む
  • ニュース

    アンリツ、TKP◆今日のフィスコ注目銘柄◆

    アンリツ5月21日安値1554円をボトムにリバウンド基調が継続しており、25日線が支持線として機能している。また、7月末の直近戻り高値から上値を切り下げてきているが、25日線が支持線として機能している中で、三角もち合いを形成しており、煮詰まり感が台頭。一目均衡表では雲上限が支持線として機能している。TKP2020年2月期業績予想の修正を発表。営業利益を従来の64.46億円から76.07億円に上方修 ...続きを読む
  • ニュース

    今週の通期【業績上方修正】銘柄一覧 (8/13~16 発表分)

     8月13日~16日に、通期業績を上方修正した銘柄から、経常利益の上方修正率の高い順に記した。なお、黒字転換や赤字縮小は除いた。 コード 銘柄      市場 決算期  修正前  修正後 修正率 更新日 アエリア    JQ 19/12   2000   3000  50.0  8/14 ベルトラ    東M 19/12    547   729  33.3  8/13 インタス ...続きを読む
  • ニュース

    TKP---新中期経営計画を策定、営業利益・EBITDAの大幅増加、台湾を皮切りに海外展開加速を発表

    ティーケーピーは16日、2020年度から2022年度までの3年間の新中期経営計画を発表した。基幹事業の堅調な成長および2019年5月の日本リージャスの取得に加え、8月9日に発表した台湾リージャス社の取得により、貸会議室・宴会場・レンタルオフィス・コワーキングスペース等のフレキシブルオフィスや宿泊施設の需要が引き続き旺盛であることから前回6月26日公表から短期間での見直しとなった。最終年度2022年 ...続きを読む
  • ニュース

    TKP---2020年2月期通期業績予想を修正、営業利益は前回予想比18%増・前期比77%増の76億円に

    ティーケーピーは16日、台湾においてリージャス事業を運営する台湾リージャス社の子会社化による影響等を踏まえ、2019年6月26日に公表した2020年2月期の通期連結業績予想を修正することを発表した。また、今回の修正に併せて中期経営計画の見直しも行っている。修正後の今期業績予想は、売上高が前回予想比2.4%増の562.06億円(前期比58.2%増)、営業利益が同18.0%増の76.07億円(同77. ...続きを読む
  • ニュース

    TKPが20年2月期業績予想を上方修正

     ティーケーピーがこの日の取引終了後、20年2月期の連結業績予想について、売上高を548億9700万円から562億600万円(前期比58.2%増)へ、営業利益を64億4600万円から76億700万円(同77.4%増)へ上方修正した。  台湾においてリージャス事業を運営する13社を子会社したことによる影響を考慮したという。ただ、M&Aに伴う一時費用などを踏まえ、純利益は31億6900万円から28億 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

ティーケーピー あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ