YKT(2693)の決算発表情報。前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。直近決算期:2020年12月期(連)【売上高】11,777百万円【当期純利益】313百万円【自己資本比率】50.40

四半期ごと業績・決算情報

四半期ごとの業績推移と今期見通し

会社予想:2021年12月期時点
2021年3月期時点

経常利益計画進捗率

---
進捗率
推移
1Q 2Q 3Q 通期 会社予想
--- --- --- --- 1.0
億円
参考値 10% 20% 65% 100% 前期実績進捗
38% 59% 93% 100% 前々期実績進捗
会社予想:2021年12月期時点
  • 前々期実績
  • 前期実績
  • 当期実績
  • 当初会社予想
  • 最新会社予想
  • アナリスト予想

経常利益

売上高

営業利益

純利益

※チャートは2021年12月期時点
  • 1Q売上高は16%の2ケタ増収
  • 1Qは8期ぶりの経常赤字に転落…
  • 1Qは再び最終赤字に転落…

 YKT [JQ] が5月7日大引け後(15:00)に決算を発表。21年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は4100万円の赤字(前年同期は4700万円の黒字)に転落した。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業損益率は前年同期の1.4%→-2.8%に大幅悪化した。

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

業績・決算情報(年度ごと)

売上高

前期実績

117.7 億円

今期予想

110.0 億円

減収

-7.7 億円

営業利益

前期実績

3.2 億円

今期予想

5,000.0 万円

減益

-2.7 億円

経常利益

前期実績

4.5 億円

今期予想

1.0 億円

減益

-3.5 億円

純利益

前期実績

3.1 億円

今期予想

6,800.0 万円

減益

-2.4 億円
直近2年間の業績推移を見た場合、前期は増収となっており、前期の増収率は1.39%となっております。一方、営業利益は前期に減益に転じており、前期の減益率は-31.84%となっています。増収効果が利益に直結できていない背景にあるのが、競争環境の悪化によるコスト負担増か、または新規事業の導入によるものか等、それが一過性のものであるか、恒常的な要素があるのかを注視する必要があります。

 加えて、ROEは低下傾向にあり、資本効率が悪化していることを示します。一般的には、PBRを中心としたバリュエーションの悪化が予想されますので、PBRが1倍以上の場合には特に株価動向に注視が必要です。
決算情報
決算期

(決算発表日)

売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
2020年12月期

(2021/02/10)

11,777 321 459 313 26.69
2019年12月期

(2020/02/13)

11,615 471 562 449 37.77
2018年12月期

(2019/02/15)

13,276 449 508 192 16.15
2017年12月期

(2018/02/15)

8,579 173 230 154 12.96

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

財務情報
決算期 1株純資産 総資産 純資産 自己資本率
2020年12月期 541.03 12,716 6,442 50.40
2019年12月期 524.82 11,028 6,249 56.50
2018年12月期 489.46 9,782 5,828 59.50
2017年12月期 486.27 8,974 5,790 64.40

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

収益性

決算期 ROA ROE
2020年12月期 2.46% 4.95%
2019年12月期 4.07% 7.45%
2018年12月期 1.96% 3.31%
2017年12月期 1.72% 2.70%

キャッシュフロー(CF)

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金期末残高 フリーCF
2020年12月期 -820 -836 1,820 3,415 -1,656
2019年12月期 197 12 490 3,250 209
2018年12月期 725 -531 -40 2,551 194
2017年12月期 -401 -20 329 2,415 -421

単位:百万円

  • 最近見た銘柄
検索
みんかぶ
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ