日経平均21,000円目前!!堅調な株式市場の視界は良好!?【後編】◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

最新投稿日時:2020/05/22 07:00 - 「日経平均21,000円目前!!堅調な株式市場の視界は良好!?【後編】◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆」(加藤あきら)

日経平均21,000円目前!!堅調な株式市場の視界は良好!?【後編】◆あすなろ投資顧問 加藤あきら◆

投稿:2020/05/22 07:00

そうは言っても…死角はないのか?

■市場需給が良好
 売り方が締め上げられて買い戻しを迫られる状況
 コロナ影響の大きい銘柄・セクターが全体を底上げ
⇒下げ材料が出ても下げにくい状況が生まれている


☆5月中の投資戦略
コロナショックを乗り越えた75日移動平均線をブレイク済の銘柄が値動き良し◎
→順張りが有効、とくに新興株が多い。
マザーズ指数は年初来高値更新で3/13底値から75.9%上昇

※但し、海外のニュースフローに注意!(米中対立の激化)
 ファーウェイ禁輸をめぐる報道
 ⇒経済戦争ではなく、あくまでも安全保障
 ⇒半導体株の動向をチェック!(戻りが良かっただけにスピード調整も)


☆6月にむけての投資戦略
3月~5月の上昇第1波で出遅れ鮮明のセクターに注目!
とくに自動車・鉄鋼・空運など
→逆張りも有効に


“ポスト・コロナ”は経済再生がカギ、もっと言えば「社会を新しく創り変える」がキーワード
→「スマートシティ」構想、「Society5.0」社会、など大きな枠組みのテーマが持ち上がる
「5G」、「データセンター」「サイバーセキュリティ」「AI」「IoT」といった第四次産業革命にまつわるテーマ株、成長期待株は引き続き優先して投資対象
各産業への影響が大きい自動車は“自動運転”“コネクテッドカー”などCASEを意識
「鉄は国家なり」と呼ばれる鉄鋼セクターは社会を大きく変革する上では欠かせない


まとめ:5月末にかけての下押しも、押し目は怖がらずに。
    むしろ虎視眈々と狙っていくべき!

⇒6月は再び上昇再開から大相場の第2波へ突入する


                                       完

加藤あきら
株式会社あすなろ 投資助言・分析者
配信元: 達人の予想
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ