ゆいがさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2件目 / 全206件次へ »
ブログ

連敗したら減らす

2020.03.26

連敗したら、減らす。

 投入資金を減らす、トレード回数を減らす、両方を減らす。とにかく出血をとめる。

ここまでは、あっちも、トレーダー友達も、答えは同じなんだが、その方法はかなり違う。


それは、デイやスカルピングという超短期トレーダーと、あっちのように日またぎを基本とする短期トレーダー、玉の操作で長期に持つトレーダーが、同じ方法はとれないからだ。

手法や狙う位置によっても変わってくるし、想定勝率や想定勝巾が違えば、同じ方法はとれない。

 

あっちは個人的には、たった三連敗で、取引0まで減らす。

中長期トレーダーにはわからないだろうが、損切り巾の浅い、勝巾勝負の短期トレードで3連敗というのは、たった3連敗だ。5連敗は普通にあるし、10連敗だってある。

10連敗しても資金を守れる資金管理をしたうえでの、3連敗で取引0まで減らす派は、あっちの周りでは、あっちだけだ。


 三連敗でリアルトレードを止め、デモトレードに入る。

一週間の収支がプラスになったら半分の資金でリアルトレードを再開する。次の週にプラスで終われたら7割の資金に戻し、次の週もプラスで終われたら9割に戻す。翌週プラスで終われたら元に戻す。

 元に戻るまで、最短で1ヵ月かかるが、あっちのウデと精神力では、崩れかけたトレードを立て直すには、それくらい軽くかかる。

 しかも、総資金の5%を失ったら、問答無用で1ヵ月休むという安全弁付きだ。

 

 このやり方が、他人様にも使えるかと問われれば、「使えないよな」と思う。使えて、参考程度だろう。

これは、あっちが、自分の生活や仕事、性格、トレード期間、資金量に「だけ」対応させたやりかただ。

 

 プロトレーダーの友人達も、取引回数だけ減らす人、投入金額だけ減らす人、両方とも減らす人に分かれる

 また、減らすタイミングの連敗数と、減らした後の戻し方は、みんなそれぞれだ。

 

 ただ、トレードでは、勝つ回数や巾を増やすよりも、負ける回数や巾を減らす方が、トータルで収益に繋がる人のほうが多い。だからプロはみんな、連敗後は減らす方向に動く。

 連敗で「増やす」という選択肢は、無い。

 

 自分の減らし方を見つけることは、あっちにはとても重要だった。

 ドツボ落ちはするは、イタイ目はみるわで、バカ丸出しだったが、連敗で増やすという、オバカ中のバカは、早い内にしなくなっていた。

 負けて増やさなかった。これが、あっちがいっぱしになるまで生き残れた、いっぱしになるまでの時間を稼げた、大きな要因だったと思う。


 けっこう悲惨だったんで、よく時間稼ぎできたと思うのだ。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ