2019/11/19 - 日本郵船 (9101) の株価予想・売買予想。みんかぶ予想株価は「2,018円で【買い】と評価されています。みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です

目標株価

買い
2,018 円
現在株価との差

+41.0 

理論株価

(11/18)

1,863 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較でも割高と判断されます。結果、現在の株価は「割高」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  88%
売り  12%
88 12

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
2 2 6 0 0
  • ニュース

    週間ランキング【業種別 騰落率】 (11月15日)

     ●今週の業種別騰落率ランキング   ※11月15日終値の11月8日終値に対する騰落率    東証1部33業種    値上がり: 12 業種  値下がり: 21 業種    東証1部:2153銘柄  値上がり:1012 銘柄  値下がり:1092 銘柄  変わらず他: 49 銘柄   東証33業種   騰落率(%)  【株価】上昇率/下落率 上位3銘柄 1. 水産・農林業(0251)  +2 ...続きを読む
  • シグナル

    目標株価が「売り」から「買い」に変わりました。

    目標株価が1,997円から2,017円へ上がり、「売り」から「買い」に変わりました。
  • 買い予想

    個人投資家の意見「買い」に賛成

    予想株価
    2,628円
    現在株価との差 +651 (+32.95%) 
    登録時株価
    2,024.0円
    獲得ポイント
    -6.74pt.
    収益率
    -2.32%
  • 過去予想

    個人投資家の意見「買い」に賛成

    予想株価
    2,084円
    現在株価との差 +107 (+5.41%) 
    登録時株価
    2,024.0円
    獲得ポイント
    -3.79pt.
    収益率
    -1.28%
  • 売り予想

    売り予想 長期 目標株価1,490円

    予想株価
    1,510円
    現在株価との差 -467 (-23.62%) 
    登録時株価
    2,021.0円
    獲得ポイント
    +6.05pt.
    収益率
    +2.17%
  • ニュース

    <動意株・5日>(大引け)=ZHD、プラッツ、ジャパンエンなど

     Zホールディングス=急騰。半年ぶりに年初来高値を大幅更新。同社が前週末1日取引終了後に発表した19年4~9月期決算は営業利益が前年同期比9%減の756億6100万円だった。ただ、7~9月期にかぎれば同11%増と2ケタ伸長を示しており、これが大きく好感される形となった。コスト低減努力や広告関連売り上げの拡大などが寄与している。  プラッツ=大幅続伸。同社は1日取引終了後に、20年6月期第1四半期 ...続きを読む
  • ニュース

    JエンジンはS高、郵船のグループ会社から重量物運搬船向けエンジンを受注◇

     ジャパンエンジンコーポレーションがストップ高まで買われている。同社はきょう、日本郵船のグループ会社であるNYKバルク・プロジェクトから次世代省エネ型重量物運搬船2隻向けエンジンを受注したと発表。これが株価を刺激しているようだ。  同社では今回のエンジン受注について、低燃費性能や環境性能、信頼性及び自社の開発・設計、製造、販売、アフターサービスに至る一貫した製品サポート体制が評価された結果だとし ...続きを読む
  • ニュース

    商船三井など海運株が買われる、グローバル物流停滞への警戒感緩む◇

     商船三井が一時5%近い上昇で3075円まで上値を伸ばしたほか、日本郵船、川崎汽船など大手をはじめ海運株が軒並み高。業種別騰落率でも海運セクターは値上がり上位3傑に食い込んでいる。ばら積み船の運賃市況を表すバルチック海運指数はここ低下基調にあるものの、最近の海運株は同指数との連動性が薄れている。足もとは米中貿易協議において部分合意が近いとの観測を受け、グローバル物流が停滞することへの警戒感が緩んで ...続きを読む
  • ニュース

    今週の【早わかり株式市況】1年ぶり一時2万3000円台乗せ、米中貿易協議の進展期待が後押し

    ■今週の相場ポイント  1.日経平均は小幅ながら4週連続で上昇、連騰疲れで売り物も出たが強さを発揮  2.週前半は米中協議の進展期待が株高に寄与、2万3000円台に乗せる場面も  3.週央はFOMCの結果を前に利益確定売り優勢となり、日経平均先物主導で反落  4.FOMC通過後は米株高を受け日経平均も反発、日銀決定会合の影響も限定的  5.週末は米中摩擦問題に再び不透明感、米株安と円高で軟調も大 ...続きを読む
  • ニュース

    個別銘柄戦略:アドバンテスやソニーに注目

    10月31日の米国市場はNYダウが140.46ドル安の27046.23、ナスダック総合指数が11.62pt安の8292.36、シカゴ日経225先物が大阪日中比230円安の22720円といずれも下落した。11月1日早朝の為替は1ドル=108円00-10銭と昨日大引け時点比で50銭以上の円高。本日の東京市場は朝方は米国株安になびいて売り先行の展開が予想されるが、米株安を消化した後は好業績銘柄への押し目 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ