2019/09/16 - ツガミ (6101) の株価予想・売買予想。みんかぶ予想株価は「791円で【売り】と評価されています。みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です

目標株価

売り
791 円
現在株価との差

-182.0 

理論株価

(09/13)

908 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較で割高と判断されます。しかし、相対比較の方が連動性が高いことから、現在の株価は「割高」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  82%
売り  18%
82 18
アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

---
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    信用残ランキング【買い残減少】 みずほFG、三菱UFJ、太陽誘電

     ●信用買い残減少ランキング【ベスト50】   ※9月6日信用買い残の8月30日信用買い残に対する減少ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2150銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   買い残 信用倍率 1. みずほFG     -6,407   97,109   1.67 2. ...続きを読む
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part1 東京センチュリー、ノムラシステム、ふくおかなど

    銘柄名⇒10日終値⇒前日比日本アジアG324 +7子会社が東北大学などと共同開発した「リアルタイム津波浸水・被害推計システム」が高知県の防災訓練に活用と。ベストワン3575 -4520年4月ゴールデンウィークチャーター9割超が完売と。ビーブレイクシステムズ1770 +117日本リブレイングループがクラウドERP「MA-EYES」を採用。リクルートHD3175.0 -86.0本日から売出価格の決定期 ...続きを読む
  • 買い予想

    買い予想 短期 目標株価1,300円

    予想株価
    1,115円
    現在株価との差 +142 (+14.59%) 
    登録時株価
    965.0円
    獲得ポイント
    +2.06pt.
    収益率
    +0.82%
  • 適時開示

    自己株式の取得状況に関するお知らせ

    自己株式の取得状況に関するお知らせ
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part1 サーバーワークス、レッグス、ワイヤレスゲートなど

    銘柄名30日終値⇒前日比京セラ 6315 +68自動運転の要となる高性能センサー「LiDAR」に参入との報道うけ。サーバーワークス 5880 +420日本市場におけるDaaSの提供のため米Liquidwareとパートナー契約。レアジョブ 2415 +274年初来高値を更新し上値妙味が広がる。大和コンピューター 1174 +69引け後の決算控え期待感から先回り買いの動きも。巴工業 2371 +92引 ...続きを読む
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part1 サーバーワークス、レッグス、ワイヤレスゲートなど

    銘柄名30日終値⇒前日比京セラ 6315 +68自動運転の要となる高性能センサー「LiDAR」に参入との報道うけ。サーバーワークス 5880 +420日本市場におけるDaaSの提供のため米Liquidwareとパートナー契約。レアジョブ 2415 +274年初来高値を更新し上値妙味が広がる。大和コンピューター 1174 +69引け後の決算控え期待感から先回り買いの動きも。巴工業 2371 +92引 ...続きを読む
  • 買い予想

    買い予想 短期 目標株価1,100円

    予想株価
    1,011円
    現在株価との差 +38 (+3.90%) 
    登録時株価
    832.0円
    獲得ポイント
    +47.84pt.
    収益率
    +16.94%
  • ニュース

    太陽誘電、enish、マツダなど

     太陽誘電 1891 -132大幅続落。電子部品などテクノロジー株は総じて売り優勢の展開に。先週末には、中国政府が米国からの輸入品約750億ドル相当に9月1日から最大10%の追加関税を課す対米報復関税を明らかにし、これを受けて、トランプ米大統領は対中関税の新たな引き上げを発表すると同時に、米企業に中国撤退や米国への生産移転を検討するよう求めた。米中対立激化に伴い、あらためて業績面へのマイナス影響を ...続きを読む
  • ニュース

    ツガミ---急落、中国関連の一角として中国景気の先行き懸念反映へ

    ツガミは急落。米中対立が激化、報復関税合戦となっており、とりわけ中国経済の先行き懸念が強まる状況となっている。同社のほかにも、安川電機やダブルスコープなど中国関連と位置付けられる銘柄が下落率上位に連なっている。工作機械業界の7月受注額は前月比でやや増加、短期的な底打ち期待なども生じつつあったが、中国向け中心の同社の先行きにはあらためて不透明感が強まる格好に。 <HH>
  • ニュース

    信用残ランキング【買い残減少】 アイフル、日本通信、マネックスG

     ●信用買い残減少ランキング【ベスト50】   ※8月16日信用買い残の8月9日信用買い残に対する減少ランキング。   (株式分割などがある場合は換算して算出)     ―― 東証1部:2149銘柄 ――                   (単位は千株)       銘柄名      前週比   買い残 信用倍率 1. アイフル      -1,755   20,662   11.79 2. ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ