共英製鋼(5440)の決算発表情報。前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。直近決算期:2020年3月期(連)【売上高】239,343百万円【当期純利益】11,489百万円【自己資本比率】55.20

四半期ごと業績・決算情報

四半期ごとの業績推移と今期見通し

会社予想:2021年3月期時点
  • 前々期実績
  • 前期実績
  • 当期実績
  • 当初会社予想
  • 最新会社予想
  • アナリスト予想

経常利益

売上高

営業利益

純利益

※チャートは2021年3月期時点
  • 2020年3月期の売上高は2393億円
  • 2020年3月期の経常利益は189億円
  • 2020年3月期の最終利益は114億円

 共英製鋼 が5月12日後場(13:00)に決算を発表。20年3月期の連結経常利益は前の期比2.2倍の189億円に急拡大した。なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。

 同時に、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比45.1%増の39.7億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.7%→7.3%に大幅改善した。

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

業績・決算情報(年度ごと)

売上高

前期実績

2,393.4 億円

今期予想

---

営業利益

前期実績

194.0 億円

今期予想

---

経常利益

前期実績

189.5 億円

今期予想

---

純利益

前期実績

114.8 億円

今期予想

---
直近2年間の業績推移を見た場合、前期は減収となっており、前期の減収率は-1.20%となっております。一方、営業利益は二期連続で増益傾向にあり、該当二期で平均355.59%の増益率となっています。収益が伸び悩んでいるにも関わらず、増益傾向を維持している同社には堅実なコスト管理力が見受けれます。

 加えて、ROEは上昇傾向にあり、資本効率が改善していることを示します。一般的には、PBRを中心としたバリュエーションの改善が期待されます。
決算情報
決算期

(決算発表日)

売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
2020年3月期

(2020/05/12)

239,343 19,404 18,954 11,489 264.38
2019年3月期

(2019/04/26)

242,257 9,200 8,646 6,505 149.78
2018年3月期

(2018/04/27)

191,254 4,259 4,085 3,483 80.31
2017年3月期

(2017/04/28)

145,991 7,971 7,935 4,783 110.41

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

財務情報
決算期 1株純資産 総資産 純資産 自己資本率
2020年3月期 3,598.78 273,850 161,581 55.20
2019年3月期 3,425.06 261,590 153,781 54.80
2018年3月期 3,306.55 234,220 148,460 59.70
2017年3月期 3,266.50 214,341 146,662 64.60

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

収益性

決算期 ROA ROE
2020年3月期 4.20% 7.80%
2019年3月期 2.49% 4.59%
2018年3月期 1.49% 2.50%
2017年3月期 2.23% 3.50%

キャッシュフロー(CF)

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金期末残高 フリーCF
2020年3月期 33,246 -19,323 1,697 42,085 13,923
2019年3月期 4,367 -19,430 11,081 26,407 -15,063
2018年3月期 -8,634 -7,270 8,527 29,299 -15,904
2017年3月期 6,889 -16,016 6,572 36,740 -9,127

単位:百万円

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ