2019/09/20 - 森下仁丹 (4524) の株価予想・売買予想。みんかぶ予想株価は「2,461円で【買い】と評価されています。みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です

目標株価

買い
2,461 円
現在株価との差

+422.0 

理論株価

(09/20)

2,042 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  67%
売り  33%
67 33
アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

---
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    <09月18日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄>

    <09月18日の25日・75日移動平均線デッドクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (2928) RIZAPグループ 札証ア        [ 267.0 | +0.00% | 分析中 ] (3063) Jグループ    東証マザーズ     [ 712.0 | +0.00% | 割安 ] (3480) ジェイ・エス・ビー 東証1部     ...続きを読む
  • ニュース

    <09月13日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>

    <09月13日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (2594) キーコーヒー   東証1部       [ 2,200.0 | +0.55% | 割高 ] (2730) エディオン    東証1部       [ 1,052.0 | +0.29% | 割安 ] (3082) きちりHD    東証1部  ...続きを読む
  • ニュース

    アンジェス Research Memo(2):大阪大学発のバイオベンチャーで、遺伝子医薬に特化した開発を進める

    ■会社概要1. 会社沿革アンジェスは1999年に設立された大阪大学発のバイオベンチャーで、HGF遺伝子(肝細胞増殖因子)の投与による血管新生作用の研究成果を事業化することを目的に設立された。HGF遺伝子治療用製品では2001年に第一製薬(株)(現第一三共)と独占的販売権許諾契約を結んだが、その後提携関係を解消し、代わりに田辺三菱製薬と2012年に米国市場、2015年に国内市場で末梢性血管疾患を対象 ...続きを読む
  • ニュース

    <09月11日の5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄>

    <09月11日の5日・25日移動平均線デッドクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (1482) iS米債7H   東証ETF      [ 2,373.0 | -0.50% | 分析中 ] (1487) 日興米債ヘ有   東証ETF      [ 18,580.0 | -0.48% | 分析中 ] (1496) iSIG債H   東証ETF ...続きを読む
  • ニュース

    決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … ラクオリア、ハーモニック、バルテス (8月9日発表分)

    ―決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の8月8日から9日の決算発表を経て13日大引け現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキング ...続きを読む
  • ニュース

    決算プラス・インパクト銘柄 【東証2部・新興市場】 … ハーモニック、バルテス、ミクシィ (8月9日発表分)

    ―決算で買われた銘柄! 上昇率ランキング―  企業決算に対する評価は、マーケットでは「株価」として表される。ここでは、決算を受け止めて株価がいかに反応したかを探る。  以下に挙げたのは、決算発表が「プラス・インパクト」となった可能性のある東証2部・新興市場の銘柄である。株価が決算発表前日の8月8日から9日の決算発表を経て13日9時27分現在、水準を切り上げている銘柄を上昇率の大きい順にランキ ...続きを読む
  • ニュース

    M&A速報:2019/08/09(2)】三菱UFJ銀行、フィリピンのSB Financeに出資

    ■三菱UFJ銀行、傘下のアユタヤ銀行を通じ、フィリピンSecurity Bank子会社のSB Financeに出資■KDDI Open Innovation Fund3号、マイクロモビリティシェアリング事業展開の米Neutron Holdingsに出資■朝日インテック、買収防衛策を廃止■ひらまつ、アドバンテッジアドバイザーズがサービスを提供するファンドを割当先として無担保転換社債型新株予約権付社債 ...続きを読む
  • ニュース

    東証2部(大引け)=2部指数は続落、フマキラ、フライトが売られる

     9日大引けの東証2部指数は前日比13.97ポイント安の6388.16ポイントと続落。値上がり銘柄数は210、値下がり銘柄数は177となった。  個別では三井金属エンジニアリング、ボーソー油脂、日本食品化工、自重堂、ニチリンなど16銘柄が年初来安値を更新。フマキラー、フライトホールディングス、三精テクノロジーズ、東京コスモス電機、オーベクスは値下がり率上位に売られた。  一方、那須電機鉄工がス ...続きを読む
  • ニュース

    仁丹が続伸、第1四半期大幅営業増益

     森下仁丹が続伸している。午後1時20分ごろに発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高26億8500万円(前年同期比2.7%増)、営業利益3億1700万円(同2.1倍)、純利益2億2700万円(同61.8%増)と大幅営業増益となったことが好感されている。  機能性表示食品「ヘルスエイド」シリーズの販売は減少したものの、フレーバーカプセルの受託や、独自の機能性素材であるローズヒップの販売が ...続きを読む
  • ニュース

    仁丹、4-6月期(1Q)経常は2倍増益・上期計画を超過

     森下仁丹 [東証2] が8月9日後場(13:20)に決算を発表。20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の3.1億円に急拡大し、4-9月期(上期)計画の1.6億円に対する進捗率が199.4%とすでに上回り、さらに5年平均の86.0%も超えた。  直近3ヵ月の実績である4-6月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の5.7%→11.8%に急改善した。 株探ニュース

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ