久世(2708)の決算発表情報。前期実績・前々期実績と比較して増益・減益など企業の業績をわかりやすくお知らせします。直近決算期:2021年3月期(連)【売上高】37,854百万円【当期純利益】-1,861百万円【自己資本比率】19.50

四半期ごと業績・決算情報

四半期ごとの業績推移と今期見通し

会社予想:2022年3月期時点
  • 前々期実績
  • 前期実績
  • 当期実績
  • 当初会社予想
  • 最新会社予想
  • アナリスト予想

経常利益

売上高

営業利益

純利益

※チャートは2022年3月期時点
  • 2021年3月期の売上高は378億円
  • 2021年3月期の経常損益は20億円の赤字に転落
  • 2021年3月期の最終損益は18億円の赤字

 久世 [JQ] が5月14日大引け後(15:10)に決算を発表。21年3月期の連結最終損益は18.6億円の赤字(前の期は2.9億円の赤字)に赤字幅が拡大したが、従来予想の21億円の赤字を上回って着地。なお、22年3月期の業績見通しは開示しなかった。

 同時に、今期の年間配当は未定とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結最終損益は3億円の赤字(前年同期は5.5億円の赤字)に赤字幅が縮小したが、売上営業損益率は前年同期の-2.2%→-7.1%に大幅悪化した。

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

業績・決算情報(年度ごと)

売上高

前期実績

378.5 億円

今期予想

---

営業利益

前期実績

-23.3 億円

今期予想

---

経常利益

前期実績

-20.7 億円

今期予想

---

純利益

前期実績

-18.6 億円

今期予想

---
直近2年間の業績推移を見た場合、売上高は二期連続で減収となっており、該当二期の平均減収率は-42.65%となっております。また、営業利益も二期連続で赤字となっています。収益の伸び悩みが、結果的にボトムラインにも影響を与えている状況が続いています。恒常的な成長力の低下に歯止めが掛る要素が生じているか、詳細を確認しましょう。
決算情報
決算期

(決算発表日)

売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益
2021年3月期

(2021/05/14)

37,854 -2,336 -2,076 -1,861 -502.79
2020年3月期

(2020/05/25)

64,356 -55 69 -290 -78.55
2019年3月期

(2019/05/15)

66,006 223 372 209 56.67
2018年3月期

(2018/05/14)

62,865 429 545 415 112.20

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

財務情報
決算期 1株純資産 総資産 純資産 自己資本率
2021年3月期 900.70 17,944 3,497 19.50
2020年3月期 1,374.11 18,060 5,335 29.50
2019年3月期 1,587.89 22,564 6,165 27.20
2018年3月期 1,558.27 22,116 6,050 27.20

単位:百万円(1株当りの項目 単位:円)

収益性

決算期 ROA ROE
2021年3月期 -10.37% -42.14%
2020年3月期 -1.61% -5.06%
2019年3月期 0.93% 3.44%
2018年3月期 1.88% 7.35%

キャッシュフロー(CF)

決算期 営業CF 投資CF 財務CF 現金期末残高 フリーCF
2021年3月期 -3,072 -88 3,907 3,867 -3,160
2020年3月期 -1,141 -523 243 3,103 -1,664
2019年3月期 741 -526 -164 4,542 215
2018年3月期 1,774 -812 96 4,495 962

単位:百万円

  • 最近見た銘柄
検索
みんかぶ
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ