2020/03/30 - ミクシィ (2121) の株価予想・売買予想。みんかぶ予想株価は「2,633円で【買い】と評価されています。みんかぶ予想株価は、プロの証券アナリスト、個人投資家予想、株価診断(業績診断)それぞれから総合的に算出している予想株価です

目標株価

買い
2,633 円
現在株価との差

+1,008.0 

理論株価

(03/30)

2,385 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  67%
売り  33%
67 33

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
1 0 2 0 0
  • 買い予想

    買い

    予想株価
    1,727円
    現在株価との差 +102 (+6.27%) 
    登録時株価
    1,578.0円
    獲得ポイント
    +8.28pt.
    収益率
    +2.97%
  • ニュース

    今週の通期【業績上方修正】銘柄一覧 (3/23~27 発表分)

     3月23日~27日に、通期業績を上方修正した銘柄から、経常利益の上方修正率の高い順に記した。なお、黒字転換や赤字縮小は除いた。 コード 銘柄      市場 決算期  修正前  修正後 修正率 更新日 アクセル    東1 20/ 3    180   500  177.8  3/25 イオン九州   JQ 20/ 2    350   800  128.6  3/24 インタ ...続きを読む
  • ニュース

    新興市場見通し:ひとまずリバウンドも警戒ムードなお濃く、IPOは3社登場

    先週の新興市場では、マザーズ指数が3週間ぶりに大幅上昇し、600pt台を回復した。日米の金融緩和強化などを背景に、日経平均が週間で2836.60円と過去最大の上げ幅を記録。新興市場でもリスク回避的な売りが和らぎ、前の週に大きく下落していたメルカリなどマザーズ指数への寄与が大きい銘柄がリバウンドした。ただ、このところの荒い値動きによりマザーズ売買代金は低調だった。なお、週間の騰落率は、日経平均が+1 ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ指数は大幅反発、朝高後に伸び悩む、ナノキャリアがストップ高

     本日のマザーズ指数は大幅反発。米国では前日、大型経済対策が週内にも成立するとの期待からNYダウが1300ドルを超える上昇となったことで投資家心理は改善、これによりマザーズ市場にも朝方から買いが先行した。しかし、週末を控えていることもあり、新型コロナの感染拡大に対する警戒感が上値の重しになっているとみられ、マザーズ指数は朝高後に伸び悩んだ。本日は3月末の権利付最終売買日となり、配当取りや再投資の買 ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物概況:反発、経済対策期待による米株高と国内景気懸念が対立する形に

    27日のマザーズ先物は前日比20.0pt高の599.0ptとなった。なお、高値は600.0pt、安値は587.0pt、取引高は3273枚。本日のマザーズ先物は、好悪の材料が拮抗するなか、もみ合いながらも反発となった。前日の米国市場では、2兆ドルの大規模経済対策の早期成立への期待感から大きく上昇した。この流れを好感して東京市場でも、主要指数は上昇スタートを切り、マザーズ先物もナイトセッションの流れを ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ指数は4日ぶり大幅反落、利益確定の動き、関通が急落

     本日のマザーズ指数は4日ぶり大幅反落となった。前日の米国株式市場では、ひとまずトランプ政権と上院が2兆ドル規模の経済救済策で合意に達したことを好感する向きがやや優勢であったが、ハイテク株比率の大きいとされるナスダック指数が下落。これを受け、東京市場でIT関連の多いとされるマザーズ市場には朝方から利益確定の動きが先行した。また、日経平均が前日に節目の19000円を回復したことによる短期的な達成感も ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物見通し:米国株大幅高受けてセンチメントの改善進む

    本日のマザーズ先物は、前日の米国株大幅高などを追い風に買い戻しの動きが強まりそうだ。前日の米国市場では、米国の大規模経済対策への実現期待から買いが優勢となり、NYダウは2112ドル高と過去最大の上げ幅を記録した。シカゴの日経225先物も一時19000円台を回復する場面を見せた。こうした背景からマザーズ先物にも昨日の流れを受け継いだ形で買い気が波及しそうだ。また、昨日は業績予想を上方修正したミクシィ ...続きを読む
  • ニュース

    前日に動いた銘柄 part2 ファーストリテイリング、医学生物学研究所、ミクシィなど

    銘柄名24日終値⇒前日比小林製薬 9050 -940連日急伸の反動で戻り売り優勢に。日本ペイントホールディングス 5060 -290モルガン・スタンレーMUFG証券では目標株価引き下げ観測。京浜急行電鉄 1798 -8124日は日銀ETF買いなど需給期待高まりにくく。ライオン 2044 -130コロナショック前の水準を回復している銘柄でもあり。MonotaRO 2841 -106足元で堅調な動き続 ...続きを読む
  • ニュース

    新興市場銘柄ダイジェスト:ミクシィは大幅に続伸、アンジェスがストップ高

     アプリックス 173 +37一時ストップ高。東京ガス子会社の東京ガスエンジニアリングソリューション(TGES)とガス保安関連機器のIoT化に関する共同開発で基本合意したと発表している。アプリックスの遠隔モニタリングシステムなどとTGESの情報を計測・数値化するセンシング技術を融合する。各種データの分析や連動を強化し、予防保全やメンテナンスの効率化を実現する狙い。 アンジェス 680 +100スト ...続きを読む
  • ニュース

    マザーズ先物概況:大幅反発、日経平均の大幅反発が投資家マインドを改善

    24日のマザーズ先物は前日比47.0pt高の587.0ptとなった。なお、高値は589.0pt、安値は553.0pt、取引高は5301枚。本日のマザーズ先物は、日経平均が7日ぶりに18000円台を回復するなか、個人投資家心理も上向き、買いの動きが優勢となった。前日の米国市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)が量的緩和を無制限に実施する意向を表明するも、米政権が打ち出した大規模経済対策について与野 ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ