小反落、米中貿易摩擦に対する懸念がやや後退=NY金概況

最新投稿日時:2019/05/25 05:42 - 「小反落、米中貿易摩擦に対する懸念がやや後退=NY金概況」(minkabuPRESS)

小反落、米中貿易摩擦に対する懸念がやや後退=NY金概況

投稿:2019/05/25 05:42
NY金先物8月限(COMEX)(終値)
1オンス=1289.2(-1.80 -0.14%)
 
 金8月限は小反落。金の代替資産とされるドルが軟調に推移したものの、金は売り優勢だった。前日の引け後にトランプ米大統領が「中国との協議は早期に進展するとみている」との認識を示したことが、悪化する米中貿易摩擦に対する警戒感を後退させた。トランプ米大統領は来月末のG20首脳会議で習近平・中国国家主席と会談する見通し。

minkabu PRESS編集部
配信元: minkabuPRESS
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ