外食9社の決算は消費増税が逆風となり5社が営業減益

TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ41件目 / 全5812件次へ »
ブログ

外食9社の決算は消費増税が逆風となり5社が営業減益

外食大手の決算で消費増税が逆風になっているようです。
業績を左右したのは増税への抵抗力で、14日までに出そろった大手9社の2019年9~11月期の連結決算(ハイデイ日高は単独)は5社が前年同期比で営業減益になったそうです。
リンガーハットやサイゼリヤなどは増税後に既存店の客数が落ち込み、壱番屋は値上げで客単価が上昇し、吉野家ホールディングスは価格の高い商品が好調だったようです。

リンガーハットは14日、2020年2月期の営業利益が前期比25%減の18億円になりそうだと発表したそうです。
従来予想は26億円で、既存店売上高の計画を前期比1%増から3%減に下方修正し、運送費や人件費の上昇も重荷となるようです。

リンガーハットは昨年10月の増税で客数が落ち込み、増税直後の10月は客数が4%減少し、既存店売上高は6%減となったそうです。
9~11月の3カ月だけをみると営業利益は前年同期に比べ8割強の減少だそうです。

サイゼリヤは10月の既存店売上高が9%減になったそうです。
増税後も看板商品「ミラノ風ドリア」などで税込み価格を据え置きましたが、客数の落ち込みが大きかったようです。
堀埜一成社長は「サイゼリヤは軽減税率の適用がなく、増税の影響がでた。10月の落ち込みは想定以上」と話したそうです。

ラーメン店を運営するハイデイ日高も10月の既存店売上高が6%減となり、客単価も客数も前年同月を下回ったそうです。

10月に客単価が上昇したのが壱番屋で、「カレーハウスCoCo壱番屋」は2019年3月に主力商品の「ポークカレー」などを値上げしており、10月の客単価は前年同月に比べ3%増だったそうです。
客数は減少したものの9~11月の営業利益は12億円と前年同期比で22%の増加になったそうです。

10月に既存店売上高が前年同月を上回ったのは牛丼店「吉野家」とコメダホールディングスで、吉野家は牛丼の新サイズ「超特盛」や「牛すき鍋膳」など高単価商品が人気を集めたようです。
増税を見据えて10月には値下げキャンペーンに踏み切り、客数も伸ばしたそうです。
吉野家HDの9~11月期の営業損益は4600万円の赤字で、季節要因もあり営業赤字になりましたが、前年同期は6億1700万円の赤字で、採算が改善した。

株式市場の評価も分かれている。2019年8月末の株価と比較すると吉野家HDが22%上昇、クリエイト・レストランツ・ホールディングスが26%上昇した一方でハイデ日高が6%下げ、リンガーハットは1%の上昇だそうです。

全ての会社が消費増税が逆風となっているわけではないようですね。
もうしばらくの辛抱でしょうかね。

7611:2,013円、 8200:2,546円、 7581:2,639円、 7630:5,930円、 
9861:2,736円、 3543:2,223円、 3387:2,044円
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ