ジュエリーパーツの最大手「光彩工芸」。時価総額5億ですが。。

板さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ12件目 / 全13件次へ »
ブログ

ジュエリーパーツの最大手「光彩工芸」。時価総額5億ですが。。

光彩工芸という会社を知ってますか?

上場企業(ジャスダック7878)なのですが、時価総額なんと5億円ということなので、注目度はメチャ低いと思います。

リング(結婚指輪も)やペンダント、ピアスなどジュエリーメーカーですが、特にイアリングやピアスなどのパーツ(金具)では全国シェア6割のダントツトップ企業なのです。あなどれません。

業績の方は07年ぐらいまではまずまず順調だったのですが、その後、消費低迷、低価格化の波、貴金属(原材料)価格の高騰、生産システムの対応遅れなどにより減収傾向、利益も低迷し直近の10/1期では売上高がピーク(07/1期)比65%水準にとどまり、経常損益も1億円強の赤字に転落してしまいました。

11/1期会社計画では5,000万円の経常黒字を見込んでいます。10/1期の営業損益を四半期ごとに見ると、1Q:-68百万円、2Q:-30百万円、3Q:-38百万円(うち-25百万円は貸倒引当のため)とここまで赤字ですが、4Qは22百万円の黒字に転換しています。この延長線で考えれば通期50百万円の経常黒字はそれほど難しくないでしょう。

直近株価は128円。今期会社予想PERは20倍、PBR(実績)は0.35倍です。

この会社の成長ストーリーは?

1)まずリフォーム市場。。。現在、タンス預金ならぬタンスジュエリーは20兆円規模だそうで、主にシニア層が溜め込んでいるそうです。これが今後年間2,000億円規模で子供、孫世代に渡り、そのままではあまりに時代遅れなのでリフォームする、という潜在市場は非常に大きいと見ているようです。

2)ネット販売市場(しかもオーダー、セミオーダーも、B2B、B2Cも)。

3)業界では中小零細企業がきわめて多いが、業者に対する与信がかなり厳しくなっている。そこは上場企業であり、かつ自己資本比率75%、また10/1期赤字でも営業キャッシュフローは1.3億円の黒字という良好な財務力で前向きの設備投資が継続可能で、いわゆる残存者利益が期待できる。

の3点です。

さあ、株価は高いと見るか安いと見るか。
2件のコメントがあります
  • イメージ
    DRAGON'さん
    2010/3/31 00:46
     板さんへ

     こんばんは。

    >> さあ、株価は高いと見るか安いと見るか。
     この株、優待の関係でチェックした事があるのですが、現状で一番の問題は流動性ではないでしょうか?

     それとも人気が出てくれば取引が活発になって流動性も改善されますかね。

     まぁ個人的に光物は好きなんで頑張って欲しい会社では有るんですがね。

     では、失礼します。
  • イメージ
    板さん
    2010/3/31 00:55
    DRAGON'さん

    コメントありがとうございます。

    流動性に関してはいかんともしがたいですね。単元株主数749名ですから(日経会社情報)。

    株は人気が命みたいなところがあるので。。。

    でも、利益が今期会社予想の2-4倍ぐらいまではそれほどハードル高くなさそうですよね。

    これからもよろしくお付き合いください。

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ