イオンの中間決算は傘下企業の不正会計響き64.1%減益

TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ6件目 / 全5704件次へ »
ブログ

イオンの中間決算は傘下企業の不正会計響き64.1%減益

イオンが9日発表した2019年8月中間連結決算は純利益が前期比64.1%減の37億円だったそうです。
傘下企業で判明した過去の不正会計問題による修正額を一括計上したことが響いたようです。

売上高に当たる営業収益は0.6%増の4兆2902億円で過去最高を更新したものの、本業のもうけを示す営業利益は3.9%減の863億円だったそうです。
ドラッグストアやモール事業は好調でしたが、総合スーパーや食品スーパーは7月に雨が多かった影響で不振だったようです。

不正会計は家事支援などを手掛けるカジタクで発覚したもので、この問題の影響額がなければ純利益は10.9%増の117億円で増益を確保していたとのことです。

不正会計の影響は一時的でしょうけど、本業の営業利益減は痛いですね。


8267:1,983円
1件のコメントがあります
  • イメージ
    yoc1234さん
    2019/10/10 06:27
    おはようございます。

    企業規模のわりに利益が少ない。

    一時的な減益なので、まあ許されそう。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ