サムスンの欠陥スマホでドコモとauの新製品の目玉がなくなる

TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1408件目 / 全5979件次へ »
ブログ

サムスンの欠陥スマホでドコモとauの新製品の目玉がなくなる

韓国サムスン電子の新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産停止は、日本の部品・素材メーカーにも影響を及ぼす可能性があるようです。

日本製スマホの世界シェアは低いですが、部品や素材では強い競争力を保ち、サムスンとも多くの取引があることから、スマホ世界首位のサムスンの「失策」は、日本メーカーの業績を直撃しかねないようです。

 

ノート7をめぐっては、TDKがリチウムイオン電池を供給しているほか、村田製作所やロームなども部品を納入しているようです。

 

村田製作所は「現時点で影響は出ていない」と説明しており、タツタ電線は他社向け部品を強化し、影響を吸収する方針とみられ、日本の部品各社への影響は今のところ軽微なようです。

 

ただ、年度内に「世界1千万台販売」が確実とみられていたサムスン最上位機種の生産・販売の打ち切りは「青天の霹靂」(大手部品メーカー)で、サムスンのブランド力が失墜し、他機種の販売も下方修正を迫られれば、部品各社の業績に悪影響が及びかねないようです。

 

日東電工は「今後の動向を注視している」と様子見の姿勢のようです。

 

一方、TDKは非スマホ分野への投資を加速し、部品メーカー各社が「脱スマホ」の動きを強める可能性もあるようです。

 

ノート7は日本では未発売で、NTTドコモとKDDI(au)が秋の新製品の目玉として投入準備を進めていたようですが、見直しは避けられず、年末商戦などに影を落とす可能性もあるようです。

 

いろんな日本の企業が関わっているんですね。

軽微といえどもそれなりに影響はあるんでしょうね。

 

6762:6,780円、 6981:14,100円、 6963:5,360円、 5809:362円、 

6988:6,830円、 9437:2,491.5円、 9433:3,085円

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ