株式投資はいくらから始められるの?

ひとこと解説
詳しく解説
 株式投資を始めるのに必要な金額は購入する銘柄の株価によって異なります。株価が安い銘柄は1万程度で購入できますが、高いものだと数十万、数百万必要な銘柄もあります。

例えば、三井住友建設(1821)の場合、約1万3000円程度あれば購入できます。
 はじめて株式投資を行うのは誰しも緊張するものです。そこで、三井住友建設のように100円台の株から投資を始めるのが株式の取引の練習にもなりますし、倒産リスクも少ないため株式投資のきっかけとしては入りやすいと言われています。

 次に、テレビ朝日ホールディングス(9409)。テレビ朝日ホールディングスは、1単元が100株となっていますので、株価1864円で購入した場合18万6400円となります。
 最低購入価格について、三井住友建設と比較するとずいぶん変わりましたね。このように銘柄によって、購入代金は、数万円で購入できるものから数十万円かかるものまで数多くあるので購入するときはご自身の投資額と相談して取引をしてください。

注:株価が10円台の銘柄などは1000円から購入できますが、みんかぶでは推奨していないので、最終的な判断は各自でお願いします。
関連キーワード
手数料
単元株数
購入金額

株式投資をはじめる前に

株式投資をはじめる前にまず知っておいてほしいことをコラムにまとめました。
「そもそも株とは?」「株式投資って儲かるけどリスクがあるのでは?」等、初心者の知りたい話題を集めました。株式投資をイチから学ぶ方は、まずはこちらをお読みください。

初心者におすすめネット証券特集

株式投資を始めるにはまず取引を行う証券口座を開設する必要があります。 初心者としては証券会社の選び方も悩むところですが、投資予定金額や投資商品をベースに選ぶと良いでしょう。 特にネット証券は手数料が安く人気です。初心者におすすめのネット証券をご紹介します。

  • SBI証券
    人気度
    • ネット証券人気NO.1
    • 取扱商品が多い
    • NISA口座もおすすめ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 0円 308円
  • 楽天証券
    スマホアプリ
    • 楽天スーパーポイント貰える
    • スマホ取引に便利なアプリ
    • 楽天会員なら簡単口座開設
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 0円 308円
  • カブドットコム証券
    安心サポート
    • 安心の三菱UFJグループ
    • シニア割引や女子割が好評
    • 投資信託の安さはピカイチ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 --- ---
手数料はいずれも税込、国内株の現物取引の場合の手数料です。2019年4月12日時点の情報です。