リスク無しで優待を手に入れる

リスク無しで優待を手に入れる   これから説明する方法は少しイメージが湧きづらいので、取引をはじめたばかり初心者には何を言っているかわからなくなるかもしれません。
しかし、せっかく手に入れた株主優待でも、もらった優待分以上に株価が下がってしまう、そんな価格変動のリスクに気づいている方も多いはず。
ここではリスク無しで株主優待を手に入れる方法をご説明します!

事前に準備すること

1. 株主優待の権利付き最終日を調べる
2. 信用取引口座を開く

権利付き最終日とは…
  株主優待の権利が発生する最終日。この日までに株を買って翌日まで持っていたら優待が貰えるようになります。
※類似用語に「権利確定日」というのがあります。これが株主優待の権利をもらえる権限が確定する日なのですが、証券会社の手続きなどの決まりで実際は確定する日の3日前までに株を購入しておかないと、優待が貰えないので、よくわからない場合は、権利付き最終日だけを覚えておくといいでしょう。

信用取引口座とは…
  一般の証券口座開設とは別に、信用取引をするための申し込みを行う必要があります。
しかし、信用取引口座を開設するには審査があります。証券会社によって審査基準が異なりますので、希望の証券会社で確認しましょう。
一般的には、資金面や投資経験が条件となっています。


売買取引方法

1. 権利付き最終日までに、欲しい株主優待の銘柄を買う(現物買い)
2. 1と同じタイミングで、1と同じ銘柄を信用売り(空売り)する
3. 権利落ち日(翌日)に、現物買いした株主優待銘柄の売却と、信用売りした銘柄を返済買いする

欲しい株主優待の銘柄に対して「現物買い」と「空売り」を同時に行うことで、価格変動のリスク無しで優待を手に入れることができます。
信用売り(空売り)は株価が下がると儲かる(株価が上がると損をする)仕組みとなっているので、現物買いでの差分と相殺ができるということです。

信用売り(空売り)の仕組みについて
  通常の株売買では、株価が安いときに買い、株価が上がったら売る。のが利益を得る方法となりますが、信用取引では「先に売って、安くなったら買い戻す」事が可能です。
  例えば100万円分の株を証券会社に借りて、信用取引で売ります(空売り)。
その株が90万円になった時に買い戻し、借りていた株を証券会社に返却します。差分の10万円が利益となります。
信用売り(空売り)の仕組みについて


リスクはゼロだが欠点もある

  上記の方法で価格変動のリスクを回避できても、株を売買するには手数料がかかります。また、信用取引をするという事は株を借りるという事なので、借りる料金(貸株料)がかかる事も忘れてはいけません。
さらには、思わぬコストが発生してしまうこともあるんです。

その思わぬコストとは【逆日歩(ぎゃくひぶ)】というもの。
逆日歩とは、人気の銘柄に信用売りが殺到して株が不足した際など、機関投資家から株を借りる費用のことです。
この逆日歩は取引が終わるまで判明しません。また借りた日数に対してつきますので、土日など返済できない曜日を挟むと、その分コストもかかります。


逆日歩が発生しない「一般信用取引」がおすすめ!

  信用取引には「一般信用取引」と「制度信用取引」というものがあります。
逆日歩が発生するのは「制度信用取引」で、「一般信用取引」は投資家と証券会社の間で取引が完結するため、機関投資家に株を借りる必要がなく逆日歩は発生しません。

しかし銘柄によっては権利付き最終日に向けて株の在庫が無くなり、信用売り(空売り)ができなくなる場合もあるので注意が必要です。
一般使用取引の方が貸株料は少し高めになりますが、逆日歩のコストと比べると、一般信用取引がおすすめです。


いかがですか?
全ての証券会社が一般信用取引の売り(新規売建)を行っているわけではありません。
ネット証券で一般信用取引の新規売建ができる主要な会社は【楽天証券】【カブドットコム証券】【SBI証券】【松井証券】の4社。
それぞれで銘柄数や手数料が異なりますので、欲しい銘柄や手数料で使い分けても良いですね。
株主優待入門/コラムトップへ

キーワードと条件から株主優待を探す

株主優待におすすめの証券会社

 優待を貰うために、まずは証券会社の口座開設が必要。頻繁に取引はしない、欲しい優待はだいたい決まっているなどの場合は、ネット証券が手数料も安くておすすめです!!
会社名 優待
情報
クロス
取引
手数料
SBI証券
松井証券
カブドットコム証券
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ