家族で株を分散すると優待がお得に

家族で株を分散すると優待がお得に   せっかく株主優待を始めたなら、よりお得になる方法を知りたいですよね?
一人で株を購入して株主優待を貰う方法とは別に、家族で相談して株を購入するとお得になる場合があるんです。
ここではその仕組みと注意点をご紹介します!

株主優待を貰える保有株数を確認しよう

  株主優待は、企業によっては保有している株数に比例せず、階段方式で権利が発生する場合があります。

例えばワタミ(7522)の場合、国内ワタミグループ外食店舗全店で利用できる優待券が貰えます。

株主優待券

優待必要株数 優待内容 備考
100株以上 6枚 3,000円相当
(年間 6,000円相当)
※1枚500円相当

◆利用可能事業
1、外食事業
2、宅食事業
3、ワタミファームの特産品

※外食事業について
■下記内容詳細
①和民
②坐・和民
③わたみん家
④ミライザカ
⑤三代目鳥メロ
⑥炭旬(すみしゅん)
⑦GOHAN
⑧にくスタ
⑨銀政(ぎんまさ)
⑩TGI フライデーズ
※今後オープンする店舗を含め、ワタミグループの
国内外食店舗全店で利用可能。
3月,9月
300株以上 12枚 6,000円相当
(年間 12,000円相当)
500株以上 18枚 9,000円相当
(年間 18,000円相当)
1,000株以上 24枚 12,000円相当
(年間 24,000円相当)

これを見ると100株持っていても200株持っていても、貰える優待は6枚 3,000円相当(年間6,000円相当)です。

しかし、家族がそれぞれ100株ずつ持っていた場合、200株で12枚 6,000円相当(年間12,000円相当)を貰うことができます。

1人だと300株持っていないと貰えない12枚 6,000円相当(年間12,000円相当)の優待券を、家族がそれぞれで購入すれば200株で手に入れることができます。

優待狙いの場合は家族で相談

  このように優待の権利は、買えば買うだけ比例して配当金のように貰えるわけではないので、優待狙いの場合には、家族それぞれで相談して株取引を行うとお得な場合があります。

※ちなみに1人で別々の証券会社を利用しても、100株ずつ買ってもお得に株主優待を手に入れることは出来ませんのでご注意を。

他にも家族で分散するとお得になる、人気の優待銘柄をご紹介します。

優待食事券

優待必要株数 優待内容
100株以上 1冊(年間 2冊) 6月,12月
300株以上 3冊(年間 6冊)
500株以上 5冊(年間 10冊)
いかがでしょう。家族で株を分散して、お得に優待を貰ってみては?
株主優待入門/コラムトップへ

キーワードと条件から株主優待を探す

株主優待におすすめの証券会社

 優待を貰うために、まずは証券会社の口座開設が必要。頻繁に取引はしない、欲しい優待はだいたい決まっているなどの場合は、ネット証券が手数料も安くておすすめです!!
会社名 優待
情報
クロス
取引
手数料
SBI証券
松井証券
カブドットコム証券
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ