2019/11/09 - フリー(4478) の関連ニュース。先週の新興市場では、マザーズ指数が週末にかけて値を下げ、日経ジャスダック平均も伸び悩んだ。米中貿易協議の進展期待から、米国株の上昇につれて日経平均は連日で年初来高値を更新。ただ、内需系銘柄が中心のマザーズ市場への恩恵は乏しく、マザーズ指数は上値の重い展開だった。週末にかけてはマザーズ時価総額トップのメルカリ 4385 が決算を受けて株価急落し、マザーズ指数を押し下げた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+2.4%であったのに対して、マザーズ指数は-1.8%、日経ジャスダック平均は+0.3%だった。マザーズ指数は日足チャートで860pt台に位置する25日移動平均線を割り込

フリーのニュース一覧

新興市場見通し:バリュー株シフトなどマザーズに逆風、フリーIPO発表

配信元:フィスコ
投稿:2019/11/09 14:58
先週の新興市場では、マザーズ指数が週末にかけて値を下げ、日経ジャスダック平均も伸び悩んだ。米中貿易協議の進展期待から、米国株の上昇につれて日経平均は連日で年初来高値を更新。ただ、内需系銘柄が中心のマザーズ市場への恩恵は乏しく、マザーズ指数は上値の重い展開だった。週末にかけてはマザーズ時価総額トップのメルカリ<4385>が決算を受けて株価急落し、マザーズ指数を押し下げた。なお、週間の騰落率は、日経平均が+2.4%であったのに対して、マザーズ指数は-1.8%、日経ジャスダック平均は+0.3%だった。マザーズ指数は日足チャートで860pt台に位置する25日移動平均線を割り込んでいる。

個別では、前述のメルカリが週間で18.7%安。第1四半期決算が大幅な赤字拡大となった。サンバイオ<4592>が同5.3%安、そーせいグループ<4565>が同3.6%安とその他のマザーズ時価総額上位も全般軟調だったが、資本業務提携の発表が買い材料視されたSansan<4443>は同13.2%高となり、ラクス<3923>は株式分割考慮後の上場来高値を更新する場面があった。売買代金上位では直近IPO銘柄のセルソース<4880>が活況となり、第1四半期決算が黒字転換したホープ<6195>は週間のマザーズ上昇率トップとなった。反面、業績下方修正を発表したフレアス<7062>や今期減益見通しのリンクバル<6046>が下落率上位に並んだ。ジャスダック主力ではセリア<2782>が同8.6%安。決算発表後の悪材料出尽くし感による買いは続かず、投資判断引き下げの動きも観測された。ワークマン<7564>は決算にサプライズなく同0.1%安。ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>は米中協議の進展期待から同1.2%高と堅調だった。また、テクノホライゾン・HD<6629>は前の週からの人気が続き、週間のジャスダック上昇率トップとなった。反面、業績下方修正のフェローテックHD<6890>などは売りがかさみ、エヌジェイHD<9421>が下落率トップだった。

今週の新興市場では、マザーズ指数は戻りの鈍い展開となる可能性がある。足元で日米の長期金利が急上昇し、バリュー(割安)株への資金シフトが見られる。こうした動きの持続性に疑問の声はあるが、目先は高バリュエーションの新興成長株が中心のマザーズ市場には資金が向かいにくいだろう。決算発表一巡後の中小型株物色に期待したいところだが、12月のIPOラッシュが迫ると個人投資家の資金余力が低下する局面となる。

今週は、11月11日にエスケーエレクトロニクス<6677>、12日にユーザベース<3966>、そーせい、ハーモニック、13日にラクス、PKSHA Technology<3993>、JMC<5704>、メドピア<6095>、ウェルビー<6556>、14日にBASE<4477>、ヘリオス<4593>、自律制御システム研究所<6232>、フェローテック、サイバーダイン<7779>などが決算発表を予定している。BASEは10月の上場後、初の決算発表となる。

IPO関連では、フリー<4478>(12月17日、マザーズ)など5社の新規上場が発表されている。クラウド会計ソフトのフリーは有力ベンチャーの一角として注目度が高い。ただ、公開規模も6月上場のSansan並みに大きくなる可能性があり、相応の需要を集めることができるか注視したい。現時点で12月のIPOは6社だが、前年同月は19社のIPOがあったため、今週も発表が相次ぎそうだ。


<FA>
配信元: フィスコ
  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ