2019/12/05 - 国際石開帝石(1605) の関連ニュース。新規買いは原資産の株価上昇が目立つ太平洋セメント 5233 コール48回 12月 3,500円を順張り、国際石油開発帝石 1605 コール160回 12月 1,100円を順張り、三井金属鉱業 5706 コール25回 12月 2,900円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つダブル・スコープ 6619 コール51回 2月 1,300円を逆張り、アインホールディングス

国際石油開発帝石のニュース一覧

太平洋セメントを対象とするコールが前日比3倍超えの大幅上昇(5日10:00時点のeワラント取引動向)

配信元:フィスコ
投稿:2019/12/05 11:07
新規買いは原資産の株価上昇が目立つ太平洋セメント<5233>コール48回 12月 3,500円を順張り、国際石油開発帝石<1605>コール160回 12月 1,100円を順張り、三井金属鉱業<5706>コール25回 12月 2,900円を順張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つダブル・スコープ<6619>コール51回 2月 1,300円を逆張り、アインホールディングス<9627>コール16回 12月 7,000円を逆張り、アインホールディングスプット14回 12月 6,500円を順張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしてはダブル・スコープコール51回 2月 1,300円、ソフトバンクグループ<9984>コール501回 1月 6,500円、コマツ<6301>コール166回 12月 2,600円、ジーエヌアイグループ<2160>コール23回 2月 2,650円、WTI原油先物リンク債_2020年3月限コール2回 2月 60米ドルなどが見られる。

上昇率上位は太平洋セメントコール48回 12月 3,500円(前日比3.1倍)、カナダドルリンク債コール301回 12月 84円(前日比2倍)、アインホールディングスプット14回 12月 6,500円(+80.0%)、カナダドルリンク債コール300回 12月 82円(+66.7%)、オリエンタルランド<4661>プット73回 12月 14,500円(+60.0%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)


<HH>
配信元: フィスコ

国際石油開発帝石 あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ