ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、経済支援策への期待持続

最新投稿日時:2020/05/23 14:35 - 「ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、経済支援策への期待持続」(フィスコ)

ユーロ週間見通し:底堅い値動きか、経済支援策への期待持続

配信元:フィスコ
投稿:2020/05/23 14:35
■強含み、ユーロ圏経済の改善期待広がる

先週のユーロ・ドルは強含み。ユーロ圏の製造業・サービス業の景況感は改善していることや、ドイツ、フランスは5000億ユーロ規模の欧州連合(EU)再建計画案を提示したことを好感したユーロ買いが優勢となった。パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は上院銀行委員会での証言で、低金利維持や追加措置の可能性を示唆したことも材料視されたようだ。取引レンジ:1.0800ドル-1.1008ドル。

■下げ渋りか、欧州経済の回復期待残る

今週のユーロ・ドルは下げ渋りか。欧州連合(EU)の新型コロナウイルス対策の支援策に期待感が広がり、ユーロ買いが継続しそうだ。また、ユーロ圏やドイツの経済指標が堅調な内容だった場合、景気回復への思惑がユーロ買いを支援しよう。

予想レンジ:1.0800ドル−1.1000ドル

■堅調推移、ユーロ圏の経済活動拡大を好感

先週のユーロ・円は堅調推移。欧州諸国における新型コロナウイルスの感染拡大のペースは鈍化しており、ユーロ圏諸国の経済活動は拡大しつつあることから、リスク回避的なユーロ売りは縮小した。ドイツ、フランスが提示した5000億ユーロ規模の欧州連合(EU)再建計画案への期待が広がっていることもユーロ買い材料となったようだ。取引レンジ:115円62銭−118円52銭。

■底堅い値動きか、経済支援策への期待持続

今週のユーロ・円は底堅い値動きか。欧州連合(EU)の新型コロナウイルス対策の支援策が期待されるなか、ユーロ圏やドイツの経済指標が市場予想を上回った場合、景気回復を先取りしたユーロ買いが強まりそうだ。日本銀行は臨時の金融政策決定会合で追加の金融支援策を発表しており、対円でユーロは下げづらい値動きが見込まれる。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント
・29日:5月消費者物価コア指数(4月:前年比+0.9%)

予想レンジ:116円00銭−119円00銭


<FA>
配信元: フィスコ
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ