海運株が業種別値上がり率で首位に、ホルムズ海峡リスク後退と原油安で買い戻し◇

最新投稿日時:2020/01/20 11:20 - 「海運株が業種別値上がり率で首位に、ホルムズ海峡リスク後退と原油安で買い戻し◇」(みんなの株式)

海運株が業種別値上がり率で首位に、ホルムズ海峡リスク後退と原油安で買い戻し◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/01/20 11:20
海運株が業種別値上がり率で首位に、ホルムズ海峡リスク後退と原油安で買い戻し◇  商船三井<9104.T>が25日移動平均線を上回ったほか、日本郵船<9101.T>、川崎汽船<9107.T>なども買い優勢となるなど、海運株に総じて買いが流入、業種別騰落率で東証1部33業種中トップに買われている。米国とイランの間で緊張感が高まり、ひところ急浮上したホルムズ海峡などにおける地政学リスクも、その後は両国が対立の姿勢を緩めたことで警戒感が後退している。つれて一時は急騰した原油価格についても下落基調を強め、現在は1バレル=58ドル近辺と昨年12月初旬以来の水準まで低下している。燃料コストの低減に対する思惑も海運セクターの株価にポジティブに作用し、買い戻しを誘発している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,650.0
(15:00)
-82.0
(-4.73%)
2,408.0
(15:00)
-147.0
(-5.75%)
1,366.0
(15:00)
-98.0
(-6.69%)
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ