外為サマリー:1ドル109円10銭前後で推移、押し目買いで下げ渋る

最新投稿日時:2019/12/03 10:43 - 「外為サマリー:1ドル109円10銭前後で推移、押し目買いで下げ渋る」(みんなの株式)

外為サマリー:1ドル109円10銭前後で推移、押し目買いで下げ渋る

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2019/12/03 10:43
外為サマリー:1ドル109円10銭前後で推移、押し目買いで下げ渋る  3日の東京外国為替市場のドル円相場は、午前10時時点で1ドル=109円09銭前後と前日の午後5時時点に比べ50銭程度のドル安・円高となっている。

 2日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=108円98銭前後と前週末に比べ50銭程度のドル安・円高で取引を終えた。この日に発表された米11月ISM製造業景況感指数が市場予想を下回ったことや、トランプ米大統領がツイッターで「ブラジルとアルゼンチンから輸入する鉄鋼とアルミニウムに追加関税を課す」と表明したことが影響した。

 ただ、109円ラインを下回る水準では押し目買いが散見され、東京市場に移ってからは下げ渋る展開。一時300円を超えて下落していた日経平均株価が下げ幅を縮小し、時間外取引でNYダウ先物が底堅さをみせるなか、午前9時50分過ぎには109円10銭台を回復する場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1073ドル前後と同0.0050ドル強のユーロ高・ドル安。対円では1ユーロ=120円78銭前後と同5銭程度のユーロ高・円安となっている。


出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ