◎〔金利・債券市況〕先物、反落=長期金利はマイナス0.205%(10日朝)

最新投稿日時:2019/10/10 09:40 - 「◎〔金利・債券市況〕先物、反落=長期金利はマイナス0.205%(10日朝)」(時事通信社)

◎〔金利・債券市況〕先物、反落=長期金利はマイナス0.205%(10日朝)

投稿:2019/10/10 09:40
 債券先物は反落。長期国債先物の中心限月2019年12月物は前日比07銭安の154円95銭で始まり、売りが先行して一時154円80銭台に下落した後、買い戻されている。長期金利の指標となる新発10年物国債356回債の利回りは、前日比0.005%上昇のマイナス0.205%。
 米中貿易協議の進展期待が再び高まって金利が上昇した海外市場の流れを引き継ぎ、朝方から先物は売りが広がった。一方、この日予定される30年債の入札に関して、市場参加者の間では「無難な結果になる」(国内証券)との見通しが優勢だ。
 短期金融市場では、日銀が朝方の即日オペを見送った。これにより、当座預金残高は前日比7500億円減の400兆1500億円程度となる見込み。
 無担保コール翌日物は「マイナス0.015〜マイナス0.005%の出合い」(短資会社)となっている。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ