◎〔東京石油〕中東産原油、WTI安受け反落=安寄り後はレンジ相場(12日)

最新投稿日時:2019/09/12 08:54 - 「◎〔東京石油〕中東産原油、WTI安受け反落=安寄り後はレンジ相場(12日)」(時事通信社)

◎〔東京石油〕中東産原油、WTI安受け反落=安寄り後はレンジ相場(12日)

投稿:2019/09/12 08:54
 中東産(ドバイ)原油は反落。終値は、中心限月2020年2月先ぎりが前日比830円安の3万7520円、他限月は560〜850円安。日中立ち会いは、ニューヨーク原油(WTI)相場が、米国による対イラク制裁の緩和観測などで続落した地合いを引き継ぎ、売りが先行して始まった。その後は、WTI、円相場ともに動意を欠いたため、狭いレンジでもみ合った。先ぎりの約定値幅は230円だった。
 石油製品(バージ)も下落。ガソリンが360〜750円安、灯油は590〜940円安。
 中京石油(ローリー)は、ガソリンが400円安〜1500円高、灯油は出合いがなかった。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ