NY原油:続落で57.40ドル、中東地域における地政学的リスク低下の思惑も

最新投稿日時:2019/09/12 07:34 - 「NY原油:続落で57.40ドル、中東地域における地政学的リスク低下の思惑も」(フィスコ)

NY原油:続落で57.40ドル、中東地域における地政学的リスク低下の思惑も

投稿:2019/09/12 07:34
NY原油先物10月限は続落(NYMEX原油10月限終値:57.40 ↓0.45)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物10月限は前日比−1.65ドルの55.75ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは55.61ドル−58.30ドル。米エネルギー情報局(EIA)が11日発表した週間在庫統計で原油在庫は予想以上の減少していたものの、トランプ大統領がイラン制裁の緩和を検討しているとの見方が広がり、中東地域における地政学的リスク増大の懸念は後退したことが原油先物相場の下落につながった。主要通貨に対するドル高が進行したことも嫌気されたようだ。 <CS>
配信元: フィスコ
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ