米外為市場サマリー:米中対立懸念が和らぎ一時106円90銭台に上昇

最新投稿日時:2019/08/14 08:18 - 「米外為市場サマリー:米中対立懸念が和らぎ一時106円90銭台に上昇」(minkabuPRESS)

米外為市場サマリー:米中対立懸念が和らぎ一時106円90銭台に上昇

投稿:2019/08/14 08:18
米外為市場サマリー:米中対立懸念が和らぎ一時106円90銭台に上昇  13日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は、1ドル=106円74銭前後と前日に比べ1円40銭強のドル高・円安。ユーロは、1ユーロ=119円24銭前後と同1円10銭強のユーロ高・円安だった。

 米通商代表部(USTR)がこの日、9月1日に発動予定の中国製品に対する追加関税について、スマートフォンやノートパソコンなど一部製品への発動を延期すると発表。これを受けて、米中対立への過度な懸念が和らいだ。同日に発表された7月の米消費者物価指数(CPI)が前年同月比1.8%上昇と、市場予想(1.7%程度)を上回ったことも追い風となり、一時106円98銭をつける場面があった。

 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.1171ドル前後と前日に比べて0.0040ドル強のユーロ安・ドル高だった。


出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ