◎〔ロンドン金属〕亜鉛、2週間超ぶり安値=ドル高などで(12日午前)

最新投稿日時:2019/02/12 21:43 - 「◎〔ロンドン金属〕亜鉛、2週間超ぶり安値=ドル高などで(12日午前)」(時事通信社)

◎〔ロンドン金属〕亜鉛、2週間超ぶり安値=ドル高などで(12日午前)

投稿:2019/02/12 21:43
 12日午前のロンドン金属取引所(LME)の亜鉛相場は2週間超ぶりの安値水準を付け、3営業日続落となっている。ドルは2カ月ぶりの高値圏で推移し、投資家は依然、世界経済の先行きを懸念している。
 亜鉛3カ月物は1103GMT(日本時間午後8時3分)時点で0.4%安の1トン=2634.50ドル。亜鉛相場は5日に7週間ぶりの高値となる2810ドルを付けた後、下落してきた。
 米中貿易協議に対する楽観的な見方が広がったことや、米政府機関の再閉鎖を回避する与野党合意を歓迎し、世界各地の株価は上昇。ただ、金属相場を上昇させるのには十分でなかった。
 バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのウィドマー氏は、「米中貿易協議が合意すれば、金属相場は上昇するし、中国の統計が改善しても金属相場は上がるだろう」と指摘。「ただ、現実的には今のところ、米経済は減速しており、欧州は先行きが見えず、中国は景気刺激の難しさを理解しつつある」と指摘した。
 同氏によれば、在庫水準が低いことから、亜鉛相場は約2400〜2500ドルが下値支持線になる見通しという。(ロイター時事)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ