◎〔ロンドン外為〕円、110円台半ば(12日正午)

最新投稿日時:2019/02/12 21:18 - 「◎〔ロンドン外為〕円、110円台半ば(12日正午)」(時事通信社)

◎〔ロンドン外為〕円、110円台半ば(12日正午)

投稿:2019/02/12 21:18
 【ロンドン時事】12日午前のロンドン外国為替市場では、米政府機関の再閉鎖回避が伝えられ、円相場は1ドル=110円台半ばで推移した。正午現在は110円50〜60銭と、前日午後4時(110円35〜45銭)に比べ15銭の円安・ドル高。
 円相場では、米政府機関の再閉鎖回避で合意したと一部報道で伝えられ、ドル買い・円売りが進んだ。ただ、日銀の国債買い入れオペの縮小を受けてやや押し戻された。全体的には手掛かり材料が乏しい中、レンジ相場が続いている。
 ユーロ圏も国内総生産(GDP)の発表を14日に控え、景気減速懸念が強まっている。「欧州中央銀行(ECB)の金融政策の出口が遠のいており、その分ユーロの上値は重くなっている」(邦銀筋)との指摘が出ている。
 ユーロの対ドル相場は正午現在1ユーロ=1.1275〜1285ドル(前日午後4時は1.1270〜1280ドル)。対円では同124円65〜75銭(124円40〜50銭)で25銭の円安・ユーロ高。
 ポンドも英国の景気減速懸念と欧州連合(EU)離脱をめぐる混迷から弱含み。1ポンド=1.2845〜2855ドル(1.2860〜2870ドル)。
 スイス・フランは1ドル=1.0080〜0090フラン(1.0035〜0045フラン)。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ