【売り】ソフトバンクグループ(9984)に注意。浮動株5.3%で、最大6000億円(上限10.3%)の自社株買いの意味は?

最新投稿日時:2019/02/12 08:48 - 「【売り】ソフトバンクグループ(9984)に注意。浮動株5.3%で、最大6000億円(上限10.3%)の自社株買いの意味は?」(藤崎慎也)

【売り】ソフトバンクグループ(9984)に注意。浮動株5.3%で、最大6000億円(上限10.3%)の自社株買いの意味は?

投稿:2019/02/12 08:48

浮動株5.3%で、最大6000億円(上限10.3%)の自社株買いの意味は?

ソフトバンクグループ(9984)に注意したい。

昨日は予想以上に強い相場であったが、昨日の予想と同様、踏み上げ一巡後は、下落が始まるという予想に変わり無し。

本日も売りで注目してみたい。
--------------------------

総発行:11億枚 浮動株5.3%

6000億円を株価1万円計算で、6000万株強(約5%強)と市場の浮動株を全部買い尽くす発表をサプライズとしている投資家が多い。

昨日のPTSは9277円と815円高の+9.63%上昇で終わってる事からも高い注目度が伺える。

しかし、IR資料から受け取れるものは、期間が約1年と長い事、また上限で6000億円という2点。
簡単に言えば、リーマンショックのような下落時の事態に対して1年間で6000億円準備した。

と捉えた方が良いと思われる。

1万円計算では、総発行株の5%強だが、IRでは自己株式を除く10.3%と記載されており、自己保有率が約1%である事から、株価5000円前後で上限10.3%となる計算となる。

売り長の買い戻しと、新規買いや短期的な買い資金が向かうので朝一は高いと予想されるが、寄り付き前後は天与の売り場になる可能性が高い。踏み上げ一巡後は下落が始まる予想。

<IR情報>
http://211.6.211.226/tdnet/data/20190206/140120190206471098.pdf


取得に係る事項の内容
(1) 取得対象株式の種類 当社普通株式
(2) 取得し得る株式の総数 112,000,000 株(上限)
(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合:10.3%)
(3) 株式の取得価額の総額 6,000 億円(上限)
(4) 取得方法 信託方式による市場買付
(5) 取得期間 2019 年 2 月 7 日~2020 年 1 月 31 日



(参考)
2018 年 12 月 31 日時点の自己株式の保有状況
発行済株式総数(自己株式を除く) 1,090,236,812 株
自己株式数 10,423,553 株
藤崎慎也
フィデリア株式会社 代表取締役 投資助言者
配信元: 達人の予想

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,234.0
(13:11)
-13.0
(-1.04%)
みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ