来週の株式相場見通し=米中貿易協議難航で下値模索、25日線割れで上値の重さ意識

最新投稿日時:2019/02/08 17:02 - 「来週の株式相場見通し=米中貿易協議難航で下値模索、25日線割れで上値の重さ意識」(minkabuPRESS)

来週の株式相場見通し=米中貿易協議難航で下値模索、25日線割れで上値の重さ意識

投稿:2019/02/08 17:02
来週の株式相場見通し=米中貿易協議難航で下値模索、25日線割れで上値の重さ意識  来週(12~15日)の東京株式市場は、週末のきょう複数のネガティブな外部要因が伝えられるなか、日経平均株価が前日比400円を超える急落となったことで、昨年12月下旬からの反転上昇軌道がいったん途切れて、来週は下値模索の調整場面を迎える可能性が高い。10~12月期決算の発表が一巡することで、個別株物色の動きも沈静化しそうだ。来週の日経平均の想定レンジは、1万9800~2万600円とする。

 市場関係者からは「きょうは、最近の株価上昇を支える背景となっていた、交渉期限(3月1日)前の貿易協議を巡る米中首脳会談の実現に対して、トランプ米大統領が否定的な見方を示したことに加え、欧州連合(EU)欧州委員会が7日、19年のユーロ圏の実質GDP(域内総生産)伸び率の見通しを下方修正したというネガティブな外部要因が伝えられたことがダブルパンチとなって、日経平均は400円を超える大幅安となった。更に、このところの上昇相場の下値支持線となってきた25日移動平均線(2万528円99銭=8日)を日経平均が割り込んだ(1月17日以来)ことで、上値の重さがより意識されることになりそうだ」との見方が出ていた。

 日程面では、建国記念の日の祝日で株式市場は休場(11日)、12月の第3次産業活動指数、1月のマネーストック、1月の工作機械受注速報(12日)、1月の国内企業物価指数(13日)、10~12月期の国内総生産(GDP)一次速報値(14日)に注目。

 海外では、英10~12月期のGDP(11日)、米1月の消費者物価指数、米12月の財政収支(13日)、米1月の生産者物価、米12月の小売売上高、中国1月の貿易収支、独10~12月期のGDP(14日)、米1月の鉱工業生産・設備稼働率、中国1月の消費者物価・生産者物価、米連邦政府の暫定予算期限が焦点となる。(冨田康夫)

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
100000018
22,200.56
(04/19)
+110.44
(+0.50%)
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ