アイフリークは反発、韓国のブロックチェーン研究教育機関が「Challet」採用

最新投稿日時:2019/01/11 11:29 - 「アイフリークは反発、韓国のブロックチェーン研究教育機関が「Challet」採用」(minkabuPRESS)

アイフリークは反発、韓国のブロックチェーン研究教育機関が「Challet」採用

投稿:2019/01/11 11:29
 アイフリークモバイル<3845.T>は反発している。10日の取引終了後、韓国のブロックチェーン研究教育機関であるウォルトンチェーン研究教育院での「Challet」採用に伴い、ウォルトンチェーン財団と業務委託契約を締結したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 ウォルトンチェーン研究教育院では、産業・実生活の分野においてブロックチェーン技術の発展と積極的な活用、拡散のために必要な研究開発とブロックチェーン技術者養成のための教育関連事業を行っている。今回の業務委託契約により、今後はChallet上で同教育院向けの専用バナーを追加し、教育院の講師間のコミュニケーションや教育院の情報発信、ブロックチェーンや仮想通貨の教材ツールの一つとしての利用が予定されているという。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
176.0
(03/25)
-6.0
(-3.30%)
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ