◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反発(16日午前)

最新投稿日時:2018/04/16 23:40 - 「◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反発(16日午前)」(時事通信社)

◎〔米株式〕NYダウ、ナスダックとも反発(16日午前)

2018/04/16 23:40
 【ニューヨーク時事】週明け16日午前のニューヨーク株式相場は、米英仏によるシリアへのミサイル攻撃が限定的で、ロシアとの軍事衝突に発展するとの懸念が後退したことから、反発している。優良株で構成するダウ工業株30種平均は午前10時10分現在、前週末終値比172.82ドル高の2万4532.96ドル。ハイテク株中心のナスダック総合指数は同34.46ポイント高の7141.11。
 米英仏3カ国はシリア時間14日未明、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、首都ダマスカス近郊などの化学兵器関連とされる施設3カ所をミサイル攻撃した。アサド政権の後ろ盾であるロシアとの軍事衝突が警戒されていたものの、ロシア側が反撃に出なかったため、市場ではシリア情勢をめぐる過度の警戒感が後退、この日は寄り付きから買いが入っている。このほか、米企業決算の発表シーズンが本格化する中、企業業績に対する期待も株価を下支えしている。
 一方、朝方発表された米経済指標は強弱まちまちの内容で、影響は限定的。3月の小売売上高は季節調整後で前月比0.6%増と、市場予想(ロイター通信調べ)の0.4%増を上回ったが、4月のニューヨーク州製造業景況指数は15.8と、3月の22.5から低下し、予想の18.8も下回った。
 個別銘柄では、メルクが2.9%高、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が1.4%高と、この日は医薬品株の一角が軒並み値を上げている。朝方に好決算を発表したバンク・オブ・アメリカ(バンカメ)はほぼ横ばい。(了)
[時事通信社]
配信元: 時事通信社
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ