kazuma37さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ289件目 / 全2679件次へ »
ブログ

2017.10.13 金 112.280 -31.88

227e4f247  

このブログはメモです 不要になったら破棄しますのでコメント メッセージはご遠慮願います。

■市場ニュース フィスコより引用
 ▪NY株式
 12日の米国株式相場は下落。ダウ平均は31.88ドル安の22841.01、ナスダックは12.04ポイント安の6591.51で取引を終了した。主要金融決算は良好な内容となったものの、高値警戒感から利益確定の動きが広がり、売りが先行。その後は下げ幅をやや縮小したが、原油相場の下落が嫌気され、上値の重い展開となった。9月生産者物価指数が予想に一致したほか、週間新規失業保険申請件数が予想より減少したものの、相場への影響は限られた。セクター別では、不動産や運輸が上昇する一方で電気通信サービスやメディアが下落した。
 IT機器のジュニパーネットワークス(JNPR)は業績見通しを引き下げ、下落。エンターテイメントのウォルト・ディズニー(DIS)は一部アナリストによる投資判断引き下げを受け、軟調推移。自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)は需要鈍化を理由にデトロイト工場の閉鎖を発表し、下落。大手行のシティグループ(C)とJPモルガン・チェース(JPM)は決算内容が予想を上振れたが、高値警戒感から売られた。一方で、ネット小売のアマゾン(AMZN)はホリデーシーズンに向けた12万人の雇用計画を発表し、買われた。
 トランプ大統領は医療保険改革法(オバマケア)の規制を一部緩和する大統領令に署名した。これにより、保険料が引き下げられる可能性がある。
 Horiko Capital Management LLC 
 ▪ADR日本株
 ADR(米国預託証券)日本株は対東証比較(1ドル112.28円換算)で三井住友<8316>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、花王<4452>が堅調。半面、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>が冴えないなど、高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比30円高の20980円。
 ▪NY為替
 12日のニューヨーク外為市場でドル・円は、112円45銭まで上昇後、112円13銭まで下落し、112円29銭で引けた。米国の9月生産者物価指数(PPI)の上昇、週次失業保険申請件数がハリケーン前の水準に戻したほか継続受給者数が44年ぶり低水準となるなど労働市場が引き続き強まっていることが明らかになると、ドル買いが強まった。その後、株式相場の下落を嫌気したリスク回避の動きに上昇は限定的となった。
 ユーロ・ドルは、1.1858ドルから1.1827ドルまで下落し、1.1831ドルで引けた。ユーロ・ポンド絡みの売りが優勢となった。ユーロ・円は、133円21銭から132円80銭へ下落。ポンド・ドルは、1.3122ドルから1.3291ドルまで上昇した。バルニエEU首席交渉官が条件付きで英国に2年間の移行期間中にEU市場アクセス維持を認める案を提案する模様だとの報道で、懸念が後退。ドル・スイスは、0.9741フランから0.9764フランへ上昇した。
 ▪NY原油
 NY原油先物11月限は反落(NYMEX原油11月限終値:50.60 ↓0.70)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比-0.70ドルの50.60ドルで取引を終えた。NY原油先物は一時50.15ドルまで下落。国際エネルギー機関(IEA)は12日、2018年の世界の原油需給はほぼ均衡化するとの報告を公表したが、石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国が来年3月以降も減産を維持するかどうか定かではないとの見方もあり、需給改善に対する市場の期待はやや低下し、原油先物は反落した。
 ▪NY金
 NY金先物12月限は反発(COMEX金12月限終値:1296.50 ↑7.60)。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限は前日比+7.60ドルの1オンス=1296.50ドルで取引終了。11日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨内容は想定よりもハト派的だったとの理由で短期筋などの買戻しが入った。米長期金利はやや低下したことや欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は早期の金融引き締めには消極的との見方が広がったことも材料視されたようだ。

■そのた指標
 ▪VOLATILITY S&P 500
 9.91+0.06
 ▪国債 … … …
 
 ▪BalticDryIndex
 1433+15 10/11

市況 強弱材料 フィスコより引用
 強気材料
・日経平均は1996年12月以来の高値水準(20954.72、+73.45)
・シカゴ日経平均先物(20980、+30)
・マザーズ指数は上昇、(1105.59、+9.90)
・NY金は上昇、(1296.5、+7.6)
・JPモルガン、7-9月期は増益
・衆院選情勢、自公優勢でアベノミクス加速期待
・金融庁、フィンテック普及へ関連法を再編
弱気材料
・北朝鮮の地政学リスク
・NYダウは下落(22841.01、-31.88)
・ナスダックは下落(6591.51、-12.04)
・半導体SOX指数は下落、(1211.10、-4.09)
・NY原油は下落、(50.60、-0.72)
・ドル円は1ドル112円25銭-35銭
・米政権の財政政策に対する不透明感
トルコの対米強硬姿勢
・神鋼、鉄鋼製品も改ざん

■伊藤智洋が読む より引用
 日経平均株価は、2万1000円を前に上値を抑えられる公算です。
 円・ドルが目先的に円高ぎみに推移する可能性があるため、日経平均も調整幅が大きくなる可能性を考えておきます。
 値幅の目安は、9月21日以降の調整と同程度の値幅(268円幅、2万0726円が下値の目安)が考えられます。
 この調整は、小幅調整の範囲内の動きとしてあらわれると考えられるため、2~3営業日程度で一気に2万0726円以下へ下げて、すぐに押し目をつける動きになる公算です。

取捨選択
■日めくり格言名言など 
 未
http://minkabu.jp/blog/show/567664 作戦と行動…信じるか信じな…
http://minkabu.jp/blog/show/599516 チャート(分析)資料 
http://minkabu.jp/blog/show/574540 チョッと気になる! 
■ … 未 
■ … 未 

**
*
 
 

 
 
1件のコメントがあります
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。

ネット証券比較

みんなの株式おすすめ
検索
お知らせ
みんかぶからのお知らせ
新着お知らせ