銀行預金と株式投資の違い

ひとこと解説
詳しく解説
 銀行預金と株式投資の大きな違いは、大きく2つあります。
1. 元本が保証されるかされないか
2. 利回り

 銀行預金は、銀行が破たんした場合、預金保険機構が1000万円までの元本とその利息を保護してくれます。一方、株式投資の場合、投資した企業が倒産した場合、元本が保証されないので、投資金額がゼロになるリスクがあります。多くの人は、これだけ聞くことが多いから株式投資は怖いと思う人ことが多いのだと思います。
 しかし、株式投資はその半面、投資した企業が大成功すれば株価は2倍3倍・・・10倍となることも珍しくありません。また、投資した企業が半年や1年ごとに「配当金」というものをくれることがあります。
 この「配当金」は銀行で言う金利と同じようなもので、例えば100万円をみずほ銀行に銀行預金として預けても1年間で250円(0.025%)、20年で4761円にしかならないのです。一方、同じお金をみずほフィナンシャルグループ(8411)に株式投資した場合、1年間で3万5000円(3.5%)の配当金をもらうことができます。単純計算すると20年でなんと70万円にもなるのです。
 これが株式投資の魅力のひとつとも言えます。  

※みずほ銀行に20年間投資した場合の計算は複利(利回りは0.25%)
※みずほフィナンシャルグループに株式投資した場合の計算は単利(株価は200円想定)
関連キーワード
銀行預金
株式投資
元本保証
利回り

株式投資をはじめる前に

株式投資をはじめる前にまず知っておいてほしいことをコラムにまとめました。
「そもそも株とは?」「株式投資って儲かるけどリスクがあるのでは?」等、初心者の知りたい話題を集めました。株式投資をイチから学ぶ方は、まずはこちらをお読みください。

初心者におすすめネット証券特集

株式投資を始めるにはまず取引を行う証券口座を開設する必要があります。 初心者としては証券会社の選び方も悩むところですが、投資予定金額や投資商品をベースに選ぶと良いでしょう。 特にネット証券は手数料が安く人気です。初心者におすすめのネット証券をご紹介します。

  • SBI証券
    人気度
    • ネット証券人気NO.1
    • 取扱商品が多い
    • NISA口座もおすすめ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 0円 308円
  • 松井証券
    スマホアプリ
    • 取引額10万以下手数料0円
    • スマホ取引に便利なアプリ
    • デイトレ向きプランあり
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位
    一日定額 0円 324円
  • カブドットコム証券
    安心サポート
    • 安心の三菱UFJグループ
    • シニア割引や女子割が好評
    • 投資信託の安さはピカイチ
    取引額ごとの手数料10万円30万円
    約定単位 97円 270円
    一日定額 --- ---
手数料はいずれも税込、国内株の現物取引の場合の手数料です。2019年4月12日時点の情報です。