証券会社の手数料の仕組み

ひとこと解説
詳しく解説

証券会社の手数料の仕組み

証券会社では株式売買を仲介する手数料がメインの収益となりますが、ネット証券が増加したため、窓口業務も行っている野村証券や大和証券と言った総合証券会社も手数料を値下げしているようです。総合証券会社は手数料を値下げしたからといっても、ネット証券と同等というわけではありません。

ここまで差があるのはネット証券と比べ, 総合証券は顧客とやり取りを行う営業マンや支店のコストがかかるためです。総合証券会社であれば担当者が情報を選別してくれるため有利な取引をすることができます。総合証券会社の手数料にはそうした情報量も含まれると考えると少し納得ができます。

ただ、ネットで様々な情報が手に入る時代になり、総合証券会社の担当者も必要ないと考える人も増えています。ネット証券であってもサービスやツールなど様々あります。株式売買の手数料が安いということだけで証券会社を選ぶのではなく、自分に合うか総合的な判断で証券会社を選択して下さい。

なお、みんなの株式手数料ランキングはこちらから確認できます。

関連記事

関連キーワード
手数料
総合証券
ネット証券

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング