ミニ株(単元未満株)とは?

ひとこと解説
詳しく解説
ミニ株(単元未満株)

株式売買、株式取引といえば最低でも数十万円、場合によっては100万円以上の自己資金が必要だと考えがちです。一般的な株式売買は単元株(100株や1000株)での売買となります。例えばトヨタ自動車の株価が5,400円だとするとトヨタ自動車の単元株数は100株なので540,000円必要となります。

しかし、証券会社によっては単元株より少ない単位で売買することが可能です。ちなみに単元株より少ない株数の「ミニ株(単元未満株)」と呼びます。トヨタ自動車であれば単元株10株の場合、54,000円から、単元株1株であれば5,400円から購入可能です。

なお、みんなの株式 ネット証券比較で、ご紹介しているネット証券の中でミニ株の売買サービスを行っている証券会社は以下の3社です。

ミニ株取扱いネット証券:サービス名
ミニ株(単元未満株)のメリット
  • 1万円以下などの少ない資金で株式取引ができる
  • 金額の単位が小さいのでNISAの非課税枠ギリギリまで使うことができる
  • 将来的な単元株の取引の練習になる
ミニ株(単元未満株)のデメリット
  • リアルタイムでの株式取引が出来ない
  • 株主優待が受けられない(※)、株主総会に出席出来ない

単元未満のミニ株はメリット、デメリットそれぞれありますが、少額資金で始めることが出来るため、株式投資に興味があるのであればまず始めてみてはいかがでしょうか。

単元未満株でも株主優待がもらえる!?

株主優待を実施している企業のなかには、保有株数にかかわらず株主優待がもらえるものがあります。

株主優待を探す
関連キーワード
ミニ株
単元未満株
S株
プチ株
ワン株

株の豆知識

株を始めたけど、わからない単語がいっぱい。
株初心者でもわかりやすく、基礎の知識や抑えておきたいポイントをお届けしていきます。

初心者におすすめネット証券特集

こだわり条件で証券会社を選ぶ

株式投資を始めるにはまず証券会社に口座開設が必要です。 証券会社によって取扱商品や手数料、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でネット証券を選んでみましょう。

 こだわるポイントは?
\  それでも迷ったら総合評価 /
ネット証券比較 総合ランキング